犬訓練士試験の難易度・合格率・日程など

資格名 犬訓練士
評価【三等訓練士】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 一等訓練士、二等訓練士、三等訓練士
受験資格 【一等訓練士】
二等訓練士として5年以上の経験
【二等訓練士】
三等訓練士として2年以上の経験
【三等訓練士】
・満18歳以上で日本警察犬協会に入会
・見習い訓練士としての経験
・所定の訓練試験合格実績
※上記3つを全てクリアし、尚且つ日本警察犬協会からの推薦が必要
試験方法 三等訓練士:筆記、面接など
※詳しくは日本警察犬協会にお問い合わせ下さい。
試験場所 不明
試験日程 年1回(実施時期は不明)
申込期間 日本警察犬協会にお問い合わせ下さい。
合格発表 日本警察犬協会にお問い合わせ下さい。
受験料 10,000円
問い合わせ先 日本警察犬協会
スポンサーリンク

概要

犬訓練士

犬訓練士は、日本警察犬協会が実施・認定している資格で、警察犬の育成を行うスペシャリストを育てることを目的としています。

当協会の公認訓練士は、「三等訓練士」、「二等訓練士」、「一等訓練士」、「一等訓練士正」、「一等訓練士長」の5つの階級に分けられています。そして、訓練士の種類も「公認訓練士」と「見習訓練士」に分けられます。

まず最初に、三等訓練士の受験資格を得る為に、公認訓練所にて、見習訓練士として経験を積みます。訓練期間は、個人差はあるものの、おおよそ3年~6年程度になります。

見習訓練士として経験を積むことで三等訓練士の受験資格を得ることができますので、学科試験などを受験して合格することで、晴れて公認訓練士になることができます。

三等訓練士として経験を積むことで、一つ上の等級にチャレンジできるようになります。

犬訓練士の最上位資格が、一等訓練士長になりますがそこまで行くのに相当な時間と経験を要することになります。

試験内容

日本警察犬協会にお問い合わせ下さい。

免除科目

不明

合格基準

不明

受験者数・合格率

合格率は100%

試験の難易度

訓練所でしっかり訓練すれば簡単です。

試験の勉強

訓練所に通って下さい。

資格を活かせる仕事

犬訓練士はドッグトレーナーと違い、ペットの躾をするのではなく、警察犬、介助犬、盲導犬、聴導犬、麻薬探知犬、災害救助犬等の調教を行うのが仕事です。それぞれの役割を持った犬が、その能力を身に付けて忠実に働くように調教して行きます。

その為、犬が好きだと言うだけではなく、犬を相手にするだけの体力、又、犬が任務を果たせるようになる迄、繰り返し繰り返し教える強い忍耐力もある人でないと、なかなか勤まる仕事ではありません。

犬に愛情を持ちながらも、厳しくする時は厳しく指導し、犬に自身の任務を覚えさせます。

犬の訓練士は三等訓練士、二等訓練士、一等訓練士、一等訓練士正、一等訓練士長の5つの段階があり、段々と昇格していきます。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年11月14日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事