認定ペットシッター試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

ペットシッターとは、仕事が忙しかったり、旅行や入院などで長期的に外出してペットの世話ができない場合に、飼い主に代わってペットの世話ををする専門家のことを指します。

同じような形態の「ペットホテル」と違って、飼い主の家でペットの世話をするので、いつもと同じ環境で世話ができることが特徴です。

ペットシッタースクールが行っている講座を修了して検定試験に合格できれば、「認定ペットシッター」の資格を取得することができます。

また、ペットシッターの独立開業する際に必要な、「動物取扱業」の要件をクリアすることができます。

ちなみに、認定ペットシッターの資格を取得しなくても、独立開業しなければペットシッターの業務を行うことは可能です。

また、通学制の講座を受講すれば、生後3ヶ月前後の仔犬を育成できる「パピーティーチャー」の資格も取得することができます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名認定ペットシッター
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル動物・ペット
資格区分なし
受験資格・満16歳以上
・心身共に健康で、動物愛護の精神に富んだ者
・保証人を立てれる者
試験日程試験は年に5回程
試験場所東京
試験内容講座
免除科目
合格点非公開
受験料【受験料】5,250円
【通学】189,000円(受験料を含む)
【通信】92,000円(受験料を含む)
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ全国ペットシッター協会(ペットシッタースクール)
関連資格犬訓練士ねこ検定

講座内容

ペットシッターの実務や犬の行動と学習についてなど

※詳しくはペットシッタースクールの講座案内をご覧下さい。

受験者数・合格率

合格率はほぼ100%

試験の難易度

講座を受講すればほぼ合格できるので難易度は低いです。

試験の勉強法

講座の受講のみで大丈夫です。

資格を活かせる仕事

認定ペットシッターの資格を取得することで、独立開業をすることが可能になりますので、多くの方が自宅などで開業します。今している仕事を辞めずに、副業として開業される方もいます。

ペットシッター専門のフランチャイズ「ペットシッターSOS」を利用して、本格的なビジネスを展開することも可能なので、一人で開業することに不安がある方は、一度検討してみてはいかがでしょう。

開業せずにスタッフとして働く場合は、ペットシッター専門店やペットショップ、動物病院などで働く人が多いです。尚、ペットシッタースクールでは、講座終了生を対象に、関連業界の企業・団体などの修了生を紹介してもらうことも可能なので、就職・転職には有利になります。

ペットシッターの収入

ペットシッターの平均年収は200万円程度といわれています。

他の職種に比べると圧倒的に低いですが、ペットシッターの大半が正社員ではありませんので仕方ないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

動物・ペットの資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました