家畜人工授精師試験の難易度・合格率・試験日など

動物・ペットの資格

家畜人口授精師は国家資格です。

試験を合格することで、各都道府県知事の認可をもらうことができます。

家畜の種類ごとに試験が分かれているので場合によっては複数の試験を受けなければいけませんが、基本となる部分は同じなので受験しやすいでしょう。

資格を取得するために講習会に出席する必要があります。講習会は各都道府県で行われていて、受講内容や時間数は多少違っています。

学科と実習があり、大学等で同様のことを学んでいる場合には、一部科目免除をしてもらうことが可能です。

大学で学んだことがある場合は、免除される科目を事前に調べておきましょう。

家畜人工授精師を取得していることで、家畜の管理などの知識もしっかり身につけられますので、牧場で仕事をしている人は取得しておくことが望ましいです。

新しい品種を生み出すなどして、他の畜産農家との差別化を図っていかなければならない畜産農家にとって、この資格は畜産農家の未来を支えていく国家資格とも言われています。

スポンサーリンク

家畜人工授精師試験とは

資格名家畜人工授精師
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別国家資格
ジャンル動物・ペット
資格区分なし
受験資格なし
試験日程各都道府県により異なる
試験場所各都道府県
試験内容講習会受講後、修了試験に合格する
免除科目畜産学の単位を取得した場合などで一部の科目が免除
合格点不明
受験料各都道府県により異なる(テキスト料込みで2万円~5万円程)
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ各都道府県の畜産課
関連資格愛玩動物飼養管理士初生ひな鑑別師動物愛護社会化検定

家畜人工授精師試験の受講内容

受講内容は各都道府県により異なります。

家畜人工授精師試験の受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

家畜人工授精師試験の難易度

指定大学又は都道府県が開催する講習会を受講することが資格取得に必要で、この講習会は畜産学の単位を取得した場合等には講習自体を免除される場合もあるため、資格取得の難易度を下げることも可能です。

講習を行う地域により多少内容の違いはありますが、学科と実習に分かれて行われ、実習では実際に家畜の飼育管理や生殖器の解剖なども行います。

修業試験の合格基準は、学科と実習共に1科目の平均点が60点以上の取得となっていることから見ても、それほど難易度は高くないでしょう。

しかし、50点以下の科目が2科目ある場合、もしくは40点以下がある場合は不合格となるため油断はできません。しっかりと知識を身につけ試験に臨みましょう。

資格を活かせる仕事

牧場や家畜保健衛生所などで、家畜人工授精師として活躍することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

動物・ペットの資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました