中国語試験(HSK)の難易度・合格率・日程など | 資格の門【2018年】

中国語試験(HSK)の難易度・合格率・日程など

資格名 中国語試験(HSK)
評価
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 【口試】初級~高級
【筆記】1級~6級
受験資格 中国語が母国ではない人
試験場所 全国各地
試験日程 年6回
受験料 HSK日本実施委員会 のHPでご確認ください
問い合わせ先 HSK日本実施委員会
スポンサーリンク

概要

HSKは中国政府教育部(日本の文部科学省に相当)が公認する中国語の検定試験です。

中国政府教育部下部組織・国家漢弁が主催し、HSKの成績証明は、中国国内だけでなく、日本国内、そして世界中で公的証明として活用することができます。

試験内容

数多くありますのでHSK日本実施委員会のHPでご確認下さい。

合格基準

全体の6割取得で合格

(※筆記5級、6級は取得した点数がそのまま成績となります。(合否はございません))

受験者数

52万人(2015年・全世界)

試験の難易度

漢字が分かる日本人にとっては受けやすい試験。

世界中の中国語学習者と自らの中国語能力が比較可能。

資格を活かせる仕事

中国への出張・駐在だけでなく、訪日中国人の増加に伴い、日本国内でも需要急増

その他、台湾・香港、世界中の華僑ともコミュニケーションが可能。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年04月20日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事