インドネシア語技能検定試験の難易度・合格率・試験日など

インドネシア語技能検定試験とは、日本で唯一インドネシア語に関する検定試験で、「日本インドネシア語検定協会」が実施しています。

資格取得者には、学校によっては単位が認定されたり、昇給や評価の基準としている企業も増えてきており、社会的認知度が高く、2013年度には2000名以上受験しています。

試験は、通訳・翻訳者のプロレベルとして通用する「特A級」から、挨拶程度の基本的な日常会話ができる「E級」まで6段階あります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名インドネシア語技能検定
人気
将来性
就・転職
【C級】
難易度
【C級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル英語・外国語
資格区分特A級、A級、B級、C級、D級、E級
受験資格なし(但し、特A級はA級取得者のみ)
試験日程年2回
1月中旬(一次試験)、3月中旬(二次試験)
7月中旬(一次試験)、9月中旬(二次試験)
試験場所【一次試験】東京(東京都23区)、大阪(梅田)、名古屋、福岡(博多)、ジャカルタ、バリ島
【二次試験】東京
試験内容【一次試験】筆記試験
【二次試験】面接試験
免除科目
合格点【特A級~B級】70%前後
【C級~E級】60%前後
受験料【特A級】18,000円【A級】9,000円
【B級】8,000円【C級】5,500円
【D級】4,000円【E級】3,000円
登録・更新
口コミ0件 (口コミ投稿
問い合わせ日本インドネシア語検定協会
関連資格ハングル能力検定スペイン語技能検定

試験日

第54回

【試験日】
<一次試験>2019年1月13日(日)
<二次試験>2019年3月10日(日)

【申込期間】
2018年10月1日~11月6日

【合格発表】
試験の約1か月後を目途に発表

試験内容

一次試験は、各級とも語彙、文法、読解、作文、リスニングの能力を総合的に判定します。

2次試験は個別の面接試験で、会話力を判定します。試験はすべてインドネシア語で行われます。

特A級

一次試験

  • 翻訳(インドネシア語→日本語) 1問
  • 翻訳(日本語→インドネシア語) 1問
  • 出題トピックに関する自由作文 1問
  • インドネシア語のディクテーション10問
  • ディクテーションの日本語訳 10問

二次試験

  • 逐次通訳(日本語→インドネシア語)10問
  • 逐次通訳(インドネシア語→日本語)10問
  • インドネシア語の問題文に関する自由スピーチ 1問

A級

一次試験

  • 読解 10問
  • 語彙 10問
  • 文法 10問
  • 作文 10問
  • リスニング 10問

二次試験

  • 問題文を聴き取り内容説明 1問
  • 問題文に関する質疑応答 4問
  • 問題文に関する自由スピーチ 1問

B級

一次試験

  • 読解 10問
  • 語彙 10問
  • 文法 10問
  • 作文 10問
  • リスニング 10問

二次試験

  • 問題文の音読 1問
  • 問題文に関する質疑応答 4問
  • 問題文に関する自由スピーチ 1問

C級

  • 読解 10問
  • 語彙 10問
  • 文法 10問
  • 作文 10問
  • リスニング 10問

D級

  • 読解 10問
  • 語彙 10問
  • 文法 10問
  • 作文 5問
  • リスニング 10問

E級

  • 読解 10問
  • 語彙 10問
  • 文法  5問
  • 作文  5問
  • リスニング 5問

出願者数・合格率

2017年7月

区分受験者数合格率
特A級
A級48人
B級180人
C級499人29.1%
D級537人52.0%
E級316人75.0%

2017年1月

区分受験者数合格率
特A級3人33.3%
A級49人2.0%
B級190人15.8%
C級526人27.4%
D級580人50.3%
E級370人73.2%

2016年7月

区分受験者数合格率
特A級
A級44人2.3%
B級170人7.6%
C級447人34.2%
D級429人53.6%
E級299人66.9%

2016年1月

区分受験者数合格率
特A級1人0%
A級43人4.7%
B級184人9.8%
C級473人31.1%
D級456人62.2%
E級362人72.1%

インドネシア語は、他の言語に比べるとかなりマイナーになるので受験数も少ないですね。

試験の難易度

特A級

インドネシア語の通訳・翻訳者として通用するレベル

A級

社会生活に必要なインドネシア語を理解し口頭で表現できる。一般通訳ができ、放送の内容を理解したり自分の意思を表現したりできる

B級

日常生活や職場で必要なインドネシア語を理解し、口頭で表現できる

C級

基本的なインドネシア語を理解できる。日常的な文章を書くことができる

D級

初歩的なインドネシア語を理解し、簡単な挨拶や日常の慣用表現など初歩的意思表示ができる

E級

初歩的なインドネシア語の単語や文章が読め、書くことができる

試験の勉強法

日本インドネシア語検定協会のホームページ内に練習問題があるのでチャレンジしてみて下さい。

インドネシア語技能検定の独学勉強法

資格を活かせる仕事

この資格を取得していると、インドネシアとの取引を行っている企業への就職に有利となります。

インドネシアは、少子高齢化の日本とは相反して、若者や子どもが多く暮らしている国です。これは、国の発展のために働ける労働人口が多いと言うことですから、今後の発展が期待できる国として注目を集めています。

また、世界の新興国の中では、2000年以降、経済成長率がマイナスになったことがないのはインドネシアだけという結果もあります。つまり、インドネシアは今までも堅調な経済成長を続けており、将来的にも成長が期待されている国です。

今後、インドネシアに進出する企業や、インドネシアと取引をする企業も増えてくる可能性が大きいので、この資格を保有している人材の需要が高まってくると思われます。

企業への就職に役立つだけでなく、インドネシアを教えるカルチャースクールの講師としての仕事にも、この資格は役立ちます。

その他、翻訳家や通訳としての仕事にも、この資格が活かせます。インドネシアは、旅行先としても根強い人気がありますので、添乗員としての需要も高いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

外国語の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました