営業力強化検定試験の難易度・合格率・試験日など

営業力強化検定は、ビジネス検定試験のサーティファイが実施している検定試験です。営業成績が良い人の共通点を知り、なぜそれが必要があるのかを理論的に学びます。

個人向けの試験と団体向けの試験があり、個人向けの試験はウェブ受験です。

50分間、集中して試験が受けられる環境すら用意できれば、どこからでも受験ができ、全国の営業マンと比較して、今の貴方の営業力はどれくらいなのかを診断し、不足しているものは何か示してくれます。

だだし、個人向けの試験は合否も、認定もありませんので自分のスキルを試すのみです。

一方、企業や教育機関といった団体向けの試験は、ウェブ受験と認定試験の2種類があります。

前者は個人向けの試験と同様なのですが、後者は合否があり、合格すれば認定書がもらえます。

また、ウェブ試験よりも詳細な試験結果を得ることができます。受験資格は特になく、誰でも受験することが可能です。

試験を受験するしないに関係なく、この検定試験の公式テキストは、とても興味深いです。これから営業マンになられる方は、一読されてみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

基本情報

資格名営業力強化検定
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル事務・ビジネス・経営
資格区分個人試験(WEBテスト)、団体試験(WEBテスト・認定試験)
受験資格なし
試験日程【WEB試験】随時
【認定試験】調査中
試験場所【個人試験】自宅など
【団体試験】調査中
試験内容【WEB試験】 WEB試験(多肢選択問題)
【認定試験】筆記試験、多肢選択問題(マークシート)
免除科目
合格点【WEB試験】 合格という概念はない
【認定試験】70%以上の得点率
受験料【個人試験】1,000円
【団体試験】2,900円(WEBテスト)、4,900円(認定試験)
受験データ受験者数・合格率共に非公開
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ株式会社サーティファイ
関連資格セールススキル検定接客サービスマナー検定

試験内容

営業理論

営業の位置づけ、営業の役割、目標設定・計画策定、商品知識、マーケティング、顧客心理

営業技術

マナー、営業プロセス、コミュニケーション、提案書の作成、販売促進、クレーム

営業管理

顧客管理

試験の難易度

ビジネスマナーが分かれば営業経験の無い方でも取得可能

試験の勉強法

大木ヒロシさん監修の「図解 売れる営業のABC」が公式テキストになるので、こちらをメインに勉強しよう。

こちらのテキストは試験対策だけではなく、営業マンとしての心得の基礎を学ぶことができるので、就活を控えた学生さんや入社1~2年目の営業マンには是非読んで欲しい一冊。

就職で有利になる資格なのか

営業マンとしての心得、お客様をどう喜ばせることができるのか?を学ぶことができるので、これから営業マンを目指す学生や新人営業マンは取得しておいて損はないと思います。

また、営業に直結した資格というのはなかなかありませんので、希少価値のある資格と言えます。

タイトルとURLをコピーしました