公文書管理検定試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

公文書管理検定は一般社団法人日本経営協会が実施している検定です。

検定のレベルは実務編とマネージメント編があります。実務編では、お仕事をしている過程において、正しく公文書を維持・管理する知識や技能の有無が問われます。

マネージメント編では、通常のお仕事の範囲から一歩出て、公文書管理をより戦略的に行う術についてが問われます。

ファイリング・デザイナー検定の上級検定で、官庁や自治体の職員だけでなく、それら公的機関と取引を行う一般企業のお仕事にも活かせます。

受験資格は特になく、誰でも受験できます。受付期間中に申し込みを行えば、全国170か所にある試験会場で、指定の期間内のご都合の良い時に試験を受けることができます。

実務編はCBT方式のみの試験ですが、マネージメント編はそれに加え記述式の問題もあります。

どんな検定試験なのか心配という方は、ホームページ上にはサンプル問題がありますし、実務編とマネージメント編それぞれ別々に指定テキストがあります。

また、通信教育講座もあるので、受講されてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

公文書管理検定とは

資格名公文書管理検定
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル事務・ビジネス・経営
資格区分実務編、マネージメント編
受験資格なし
試験日程7月中、11月中、1月中(年3回)
試験場所全国のテストセンター(約170会場)
試験内容【実務編】CBT
【マネジメント編】CBT(文字入力あり)
免除科目実務編では、電子ファイリング検定A級・ファイリング・デザイナー1級有資格者は一部の科目が免除
合格点70%以上の正答率
受験料【実務編】6,480円
【マネジメント編】8,640円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 日本経営協会
関連資格ファイリング・デザイナー検定文書情報管理士検定

試験日

第21回試験

【試験日】2019年7月1日(月)~7月31日(水)
【申込期間】未定

試験内容

マネージメント編

公文書管理のための方策、文書・記録管理の適正化、電子文書の動向、関連法規・アーカイブズの経営管理など

※実務編の内容も含まれます

実務編

公文書の理解、公文書管理の実務、電子文書管理のための情報技術

合格率

合格率はマネジメント編は60%、実務編は65%ほど

難易度

難易度としては決して高くない。

勉強法

テキストがあるので独学でも十分取得可能だが、不安な方は日本経営協会が実施している通信講座があるので受講を考えてみては。

就職で活かせる仕事なのか

公文書を管理する部署で活躍を期待できるが、認知度の低い資格になるので就活で劇的に有利になるような資格ではない。あくまでスキルアップの為の資格と考えよう。

タイトルとURLをコピーしました