手話技能検定試験の難易度・合格率・試験日など

手話技能検定とは

手話の技能力を測る試験で「NPO手話技能検定協会」が実施しています。
試験は1級から7級まで9つの区分に分かれており、それぞれで問題形式が異なります。
準1級と3級~7級は筆記試験、1級と2級は実技試験になります。

スポンサーリンク

目次

手話技能検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル教養・基礎
資格区分1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級、6級、7級
受験資格【1級】準1級合格者
【準1級】2級合格者
【2級】準2級合格者
【準2級~7級】なし
試験日程試験区分により異なる。
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所試験区分により異なる
受験料【1級】11,000円【準1級】9,000円
【2級】8,250円【準2級】6,150円
【3級】5,650円【4級】5,150円
【5級】4,650円【6級】3,600円
【7級】1,750円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせNPO手話技能検定協会

【総合評価】(3級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

【関連資格】

スポンサーリンク

手話技能検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間
2020年7月19日(日)1月27日~5月7日
2020年9月27日(日)2月10日~7月15日
2020年11月15日(日)6月1日~9月9日

手話技能検定の試験内容

出題形式

【1級】実技試験。ディスカッションと課題文表現
【準1級】筆記試験。長文の書き取り
【2級】実技試験。課題文表現と質疑応答
【準2級】筆記試験。4択(マークシート)と長文書き取り
【3級~7級】筆記試験。4択(マークシート)

合格点

【準1級・準2級・3級~7級(筆記試験)】80点以上
【2級(実技試験)】65点以上

手話技能検定の合格率

合格率は全級合わせて80%程

手話技能検定の難易度

レベル

相手に合わせ、ろう者的手話(日本手話)難聴者手話(日本語対応手話)のどちらも自由に表現・読み取りができる。

サークルなどで学習時間の目安としては、

  • 1級~準2級:240時間程度
  • 3級:160時間程度
  • 4級:80時間程度
  • 5級:40時間程度
  • 6級:24時間程度
  • 7級:8時間程度

手話技能検定の勉強法

公式テキストで勉強してもらえばある程度把握できると思いますが、参考書だと手話の動きが分かりにくく正確とは言えないので、手話サークルなどで実際に手話の動きを見ながら勉強した方が分かりやすく手っ取り早いでしょう。

手話技能検定のお勧めテキスト

例文教材DVD付き

説明が分かりやすくお勧め

手話技能検定を活かせる仕事

手話が活躍できる場として、介護福祉施設などが挙げられます。

ただ、それほど企業認知度の高い資格ではありませんので、この資格を取得したからと言って手話の仕事が出来るとは考えにくいです。

また、手話通訳士とは異なるので、手話技能検定の資格を取得したからと言って手話通訳士になれる訳ではありませんので、手話を仕事にしたいとお考えであれば手話技能検定より手話通訳士の試験を目指した方が良いです。

但し、手話通訳士試験は合格率が20%程度とかなり難しいので、まずは手話技能検定を取得して土台を固めてから手話通訳士試験に挑んでも良いかもしれませんね。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる