手話技能検定試験の難易度・合格率・試験日など

教養・基礎の資格

手話技能検定とは、手話の技能力を測る試験で「NPO手話技能検定協会」が実施しています。

試験は1級から7級まで9つの区分に分かれており、それぞれで問題形式が異なります。

準1級と3級~7級は筆記試験、1級と2級は実技試験になります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 手話技能検定
評価
【3級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級、6級、7級
受験資格 【1級】準1級合格者
【準1級】2級合格者
【2級】準2級合格者
【準2級~7級】誰でも受験できます
試験場所 試験区分により異なる
試験方法 【1級】実技試験。ディスカッションと課題文表現
【準1級】筆記試験。長文の書き取り
【2級】実技試験。課題文表現と質疑応答
【準2級】筆記試験。4択(マークシート)と長文書き取り
【3級~7級】筆記試験。4択(マークシート)
免除科目
合格基準 【準1級・準2級・3級~7級(筆記試験)】80点以上
【2級(実技試験)】65点以上
受験料 【1級】11,000円【準1級】9,000円
【2級】8,250円【準2級】6,150円
【3級】5,650円【4級】5,150円
【5級】4,650円【6級】3,600円
【7級】1,750円
登録・更新
問い合わせ NPO手話技能検定協会
関連資格

教養・基礎の資格一覧

試験日程

試験区分により異なるので、NPO手話技能検定協会のHPで確認して下さい。

試験内容(レベル)

1級・準1級

相手に合わせ、ろう者的手話(日本手話)難聴者手話(日本語対応手話)のどちらも自由に表現・読み取りができる。

2級・準2級

ろう者的手話(日本手話)難聴者手話(日本語対応手話)のどちらかを使用して、聴覚にしょうがいのある人と自由に会話ができる。

3級

接客に必要とされる具体的な会話や手話での道案内、会社や学校、手話サークルなどでの会話ができる。

4級

お店や窓口で簡単な接客の会話や日付や時刻、金額など数字の入った表現ができる。

5級

あいさつ、自己紹介、趣味について相手に尋ねたり答えたりすることができる。

6級

簡単なあいさつができる、濁音や半濁音・長音・拗音などを含む指文字、千の位までの数字、日常よく使われる単語について表現・読み取りができる。

7級

指文字(五十音)の基本形を覚え、ゆっくり表現し、読み取ることができる。ただし濁音、半濁音など動きのあるものは含まない。

受験者数・合格率

合格率は全級合わせて80%程

試験の難易度

サークルなどで学習時間の目安としては、

  • 1級~準2級:240時間程度
  • 3級:160時間程度
  • 4級:80時間程度
  • 5級:40時間程度
  • 6級:24時間程度
  • 7級:8時間程度

試験の勉強

公式テキストで勉強してもらえばある程度把握できると思いますが、参考書だと手話の動きが分かりにくく正確とは言えないので、手話サークルなどで実際に手話の動きを見ながら勉強した方が分かりやすく手っ取り早いでしょう。

勉強法 手話技能検定 勉強法
テキスト 手話技能検定 公式テキスト
問題集 手話技能検定 過去問

資格を活かせる仕事

手話が活躍できる場として、介護福祉施設などが挙げられます。

ただ、それほど企業認知度の高い資格ではありませんので、この資格を取得したからと言って手話の仕事が出来るとは考えにくいです。

また、手話通訳士とは異なるので、手話技能検定の資格を取得したからと言って手話通訳士になれる訳ではありませんので、手話を仕事にしたいとお考えであれば手話技能検定より手話通訳士の試験を目指した方が良いです。

但し、手話通訳士試験は合格率が20%程度とかなり難しいので、まずは手話技能検定を取得して土台を固めてから手話通訳士試験に挑んでも良いかもしれませんね。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★★5

神田 40代男性(会社員)
2016年11月10日

手話で自分の人間性が広がる
知り合いに手話通訳士の方がいて、その方と知り合ったのが、手話検定を受けたキッカケです。
一般の方であれば、日常で手話を使用することはまずないです。私も手話技能検定を取得しても使用する機会などないと考えていたのです。また、手話は難しいという思いがあったので、受験する気にもならなかったのです。
ところが、よく調べてみると、誰でも受験が出来て、少しの学習時間で簡単に取得できるレベルから受験できると知ったのです。手話技能検定は、7級から受験できます。
本当に基礎の基礎ですから、少し学習して覚えれば誰でも合格します。簡単な手話でも出来るようになると、不思議と日常生活でも手話を使う機会が舞い込んできます。
手話がコミュニケーションの主体である方と簡単な会話をしてるだけでも、彼等から学ぶことが多いです。人間性が豊かになってる気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事