手話通訳士試験の難易度・合格率・試験日など

介護・福祉の資格

手話通訳士とは、聴覚障害者に対して意思疎通などで生活支援を行う役割を担っています。

手話通訳士は、医師や看護師の様な業務独占資格ではありませんので、資格を持っていなくても手話通訳士としての業務を行うことができます、ただ、裁判や政見放送に関しての手話業務は、手話通訳士の資格を取得しなければいけません。

手話通訳士になるには、手話通訳士試験に合格して、社会福祉法人聴力障害者情報文化センターに手話通訳士として登録しなければいけません。

ですので、試験に合格しただけでは手話通訳士になることができませんので注意して下さい。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 手話通訳士
評価
資格種別 公的資格
資格区分 なし
受験資格 20歳以上
試験場所 東京、大阪、熊本
試験方法 筆記試験(四肢択一)、実技試験(通訳)
免除科目 学科試験の合格者は学科試験が免除
合格基準 【筆記試験】
4科目の総得点の約60%以上の得点率
全ての科目で得点
【実技試験】
手話の正確さによる判定
受験料 18,000円
登録・更新 登録手数料:8,000円
問い合わせ 聴力障害者情報文化センター公益支援部門
関連資格

介護・福祉の資格一覧

試験日程

10月上旬(年1回)

第30回試験

【試験日】2018年10月6日(土)~7日(日)
【申込期間】2018年5月10日~6月15日
【合格発表】2019年1月31日

試験内容

筆記試験

障害者福祉の基礎知識、聴覚障害者に関する基礎知識、手話通訳のあり方、国語

実技試験

音声による出題を手話で解答、手話による出題を音声で解答

受験者数・合格率

年度 受験者数 合格率
2017年 1,037人 8.2%
2016年 1,058人 11.2%
2015年 1,076人 2.1%
2014年 956人 11.1%
2013年 929人 20.5%
2012年 948人 11.1%
2011年 920人 19.8%
2010年 863人 21.3%
2009年 932人 33.4%

合格率にバラツキがあり、30%前後の合格率があれば、2015年度試験はわずか2.1%しかありません。

なぜ、これほどに合格率の振り幅が大きいのかは調査中ですが、そこそこ受験者数がいるので、受験者側のスキルの違いというより試験問題に影響していると思われます。

試験の難易度

20歳以上であれば、誰でも受験することができますが、合格率の推移を見てもかなり難易度の高い資格になりますので、手話通訳としての実務経験がなければ合格することは困難になります。

試験の勉強

筆記試験に関しては、手話通訳技能認定試験傾向と対策などテキストを利用すればある程度対策を立てれますが、実技試験に関しては講習会などに参加しなければ合格は難しいです。

勉強法 手話通訳士 勉強法
テキスト 手話通訳士 テキスト
問題集 手話通訳士 問題集

資格を活かせる仕事

聴覚言語障害センターや市役所での臨時職員、障害者職業能力開発校などで就業することが可能です。ただ、手話通訳士と働ける場所はかなり限られてきますので、手話通訳士として生活するにはそれなりの覚悟が必要です。

よくある質問

受験者数が少ないのは何故?

もともとそれほど認知度の無い資格になるので、受験者数が少ないですが、それに加えて受験場所が東京と大阪と熊本の3ヶ所しかないので、受験したくても遠方でなかなか受験できない人も多いと思います。

手話通訳をするには手話通訳士の資格が必要なの?

仕事で手話通訳をすること自体、資格は必要ありませんが、手話通訳士と名乗って業務をするには資格を取得して社会福祉法人聴力障害者情報文化センターで登録手続きする必要があります。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★☆4

山田 20代女性(フリーター)
2015年10月10日

おじいちゃんの影響
私のおじいちゃんが耳が聴こえなくなったことが理由で、手話に興味を持ち今は障害者援護施設でアルバイトとして働いています。
手話通訳士の試験は私の学力では難しそうなのでまだチャレンジしませんが、もう少し実務を積んでから挑戦したいと思いっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事