航空トラベル検定試験の難易度・合格率・参考書など

車・船・航空
航空トラベル検定とは

株式会社OFCが実施している検定試験です。

中学や高校で学習するような地理の知識から始まり、国・都市・空港のコード、航空会社や航空機の特徴、国際条約や航空用語・旅行用語など、専門的に勉強しなければ分からない旅行知識の習得を目指します。

それぞれ個別の知識だけでなく、長文読解があり複合的な知識を問うところもこの検定の1つの特徴と言えるでしょう。

試験は多肢選択式で、指定の会場での受験となりますが、受験後すぐに成績を確認でき、プリントアウトしたものを持ち帰ることができます。

成績上位者のうち希望者は、ウェブ上に名前や点数などを公開してもらえます。

スポンサーリンク

目次

基本情報試験内容受験数・合格率
難易度勉強法テキスト
仕事口コミ(0件)

航空トラベル検定の基本情報

航空トラベル検定

資格名航空トラベル検定
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル車・船・航空
受験資格誰でも受験できます
試験日程随時
試験場所全国200以上の提携会場
試験内容多肢選択式(CBT試験)
免除科目なし
スコア1問10点の1,000点満点とし、正解した問題数に応じて点数表示
受験料4,000円(税抜)
登録・更新なし
問い合わせ株式会社オーエフシー
関連資格国際航空運賃検定IATAディプロマ認定試験

航空トラベル検定の試験内容

  • 都市についての問題:10問
  • 空港についての問題:20問
  • 通貨についての問題:5問
  • 国・地域についての問題:15問
  • 航空会社・航空機についての問題:20問

航空トラベル検定の受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

航空トラベル検定の難易度

中学・高校レベルの地理が理解できれば合格できるレベルなので、難易度としてはそれほど高くありません。

航空トラベル検定の勉強法

航空トラベル検定専用のテキストはありませんので、中学や高校で学習した地理の資料を使って勉強していきましょう。

公式サイト内に学習の手引きが掲載されていますので、勉強される際は活用して下さい。

試験対策として活用できる参考書

こちらの3冊は試験実施団体である株式会社オーエフシーの公式サイト内でもお勧めされています。

試験に直結した内容ではありませんが、知識を深めるためにも最低でも1冊は購入して勉強しましょう。

資格を活かせる仕事

航空トラベルというだけあって、航空業界や旅行業界での就職を目指されている方にお勧めの資格です。

もう既に就職されているという方にとりましても、お客様により良いサービスを提供するためや、社内における評価を高めるためにも利用できる検定です。

実のところ、お客様へのより良いサービスは、お客様の満足度や仕事をやりきったという達成感のみを呼ぶものではありません。

日常的にしばしば旅行や出張に行く人は、航空券の手配や、旅行のプランを立てる際、特定の担当者を個人的に指名してくるということも良くあることです。

いわゆるお得意様ということになりますが、お得意様はたいてい同じような生活スタイルの方と一緒にいるものなので、ご紹介がご紹介を呼び、お得意様の数が自然と増えていくということも良くあることです。

この検定を取得し、希望の業界で大活躍されてみてはいかがでしょうか。

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

車・船・航空
資格の門をフォローする
資格の門【2020年】
タイトルとURLをコピーしました