中古自動車査定士試験の難易度・合格率・試験日など

車・船・航空

中古自動車査定士とは、その名の通り中古車を査定するスペシャリストで、適正な査定をする為の知識を問う試験として「日本自動車査定協会」が実施している中古自動車査定士の試験が存在します。

試験は「小型車」と「大型車」の二つの区分が存在し、それぞれ筆記試験と実技試験にて行われます。

試験に合格して、中古自動車査定士の登録を行うことで、中古自動車査定士としての業務を行うことが出来ます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 中古自動車査定士
評価
【小型】
資格種別 民間資格
資格区分 小型車試験、大型車試験
受験資格 【小型車試験】
・普通免許の所持
・6ヶ月以上の自動車販売(整備)の実務経験
・協会所定の研修を修了(3日間)
のいずれか
【大型車試験】
・大型免許の所持
・6ヶ月以上の自動車販売(整備)の実務経験
・協会所定の研修を修了(3日間)
試験場所 全国各地
試験方法 筆記試験、実技試験
免除科目 受験種類と異なる査定士資格、大型車査定士の有資格者を所有している場合は、学科の一部が免除
合格基準 非公開
受験料 【小型車試験】17,280円
【大型車試験】18,090円
登録・更新 日本自動車査定協会に登録することで査定業務を行うことができる。
問い合わせ 一般財団法人 日本自動車査定協会
関連資格

車・船・航空の資格一覧

試験日程

【小型車試験】6月中旬、12月中旬(年2回)
【大型車試験】6月中旬(年1回)

2018年 後期試験(小型車)

【試験日】2018年12月12日(水)
【申込期間】2018年9月14日~10月12日

試験内容

筆記試験

中古自動車査定制度、中古自動車査定基準、同細則及び加減点基準、自動車の構造・機能及び取扱い、保安基準、その他自動車に関する法規、その他査定に関する事項

実技試験

査定の実技

受験者数・合格率

2012年

区分 受験者数 合格率
小型 12,881人 82.9%
大型 155人 98.1%

試験の難易度

試験前に実施される講習に参加すれば合格できるレベルに達することができるので、当サイトで紹介している資格の中でもかなり簡単な試験に分類されます。

試験の勉強

日本自動車査定協会が実施している講習(3日間)を真面目に受講していれば、他は特に試験対策を立てなくても合格できるレベルです。

資格を活かせる仕事

ガリバーなどの中古自動車販売業者で勤務する際には必須の資格と言えるでしょう。その他にも、レンタカー会社やリース会社などに就職・転職する際に有効です。

中古自動車査定士には、小型車査定士と大型車両査定士の2種類があります。

  • 小型車査定士 乗用車、商用車及び最大積載量4トン未満の貨物車の査定を行う事が出来ます
  • 大型車査定士 上記以外の大型貨物車、バス等の査定を行う事が出来ます

仕事は、お客様が自分の車を売りたい時に、中古自動車査定制度に基づいて、適正な査定価格を算出する事です。

査定は車輛、グレード、装備品、傷の有無や深さ、使用年数、走行距離等を見ながら適切な下取り価格を算出します。

就職先は、ディーラー、中古車販売会社、自動車のリースやレンタル業者等です。

最近の中古車販売台数は年間約370万台、新車の販売台数は約537万台ですから、まだまだ中古車のニーズは多いので、中古自動車査定士の需要も増えて行くと思われます。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事