インバウンド実務主任者認定試験の難易度・合格率・試験日など

サービス・販売の資格

インバウンドとは、海外からの観光客の事を指します。ご存知の通り近年海外、特に中国、韓国、台湾等アジアからの観光客の数はうなぎ登りです。

勿論、欧米豪からの観光客も年々増える傾向にあります。インバウンドという言葉が、日本を訪れる外国人旅行者のためのサービスや市場を指して、よく使われるようになりました。

訪日外国人の人数は増加しており、それに伴ってサービスも拡大しています。インバウンドビジネスはとても幅広く、百貨店や土産物店などの小売、ホテルや旅館などの宿泊施設、飲食店だけでなく、公共交通機関なども含まれます。

訪日外国人向けのサービスをいかに充実させるのか、が今後の業界の成長のためにも注目されています。

インバウンド実務主任者認定試験は、インバウンドビジネスのリーダーとしての能力の向上のために実施されている試験です。

インバウンド実務主任者認定試験では、観光や集客だけでなく、訪日外国人への理解や対応なども問われます。受験する方の業界も幅広く、観光や旅行業界のみならず、交通業や宿泊業、レジャー施設やイベント関連業、自治体職員など多岐にわたっています。

合格すると合格証書と合格カードが手に入り、さらにロゴの使用ができるようになります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 インバウンド実務主任者認定試験 
評価
資格種別 民間資格
資格区分 なし
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 全国各地の大学など20会場
試験方法 筆記試験(マークシート方式)
免除科目 特定の資格を持っていれば総合点に+6点が加算される
合格基準 88点の80%以上で70点
受験料 10,000(税抜)
登録・更新 認定カードは2年ごとの更新が必要。更新料は3,000円。
問い合わせ  一般財団法人 全日本情報学習振興協会

サービス・販売の資格一覧

試験日程

年4回ほど実施

試験内容

観光総論、インバウンド総論、インバウンドの現状と動向、インバウンドと消費、インバウンドとビジネス、インバウンドとニューツーリズム、訪日外国人の理解、訪日外国人への対応、インバウンドの集客、インバウンドとテーマ別観光まちづくり、テーマ別選択問題

テーマ別選択問題では、英語・中国語・韓国語・インバウンド関連法規・ウェブプロモーション・インバウンドに関する時事から1つを選択して回答。

受験者数・合格率

受験者数・合格率共に非公開

試験の難易度

全日本情報学習振興協会のHP内にある「サンプル問題」を見る限り、そこまで難しい試験ではなさそうです。

普段から新聞を読んだり、インバウンドに関する予備知識がある方でしたら、さほど勉強しなくても合格できるレベルまでもっていけると思います。

試験の勉強

公式テキストがあるので対策は立てやすいですが、受験料が10,000円となかなか高額なので一発で合格を目指したいですね。

試験は全てマークシート4択になるので、全てを完璧に覚える必要はありません。まずは過去問を解いてみて、理解できない点を公式テキストで重点的に覚えていきましょう。

ただ、まだ出来たばかりの試験で、試験内容が毎回若干変わっているので、常に最新の情報を得る様にして下さい。

テキストの紹介

対策セミナー

勉強に自身の無い方は、全日本情報学習振興協会が実施している「インバウンド実務主任者認定試験 実践対策セミナー」を受講してみても良いかもしれません。

資格を活かせる仕事

インバウンドビジネスは今後も成長が期待されているために、人材の育成は急務になっており、現在では、地方活性化の為にも、特に観光業で必要とされている職業です。

インバウンド実務主任者認定試験はインバウンドビジネスに関わっていきたい人や関わっている人にとって、能力の向上を目指せる試験です。今後、オリンピック開催などもあり、日本を訪れる外国人旅行者への対応をすすめたい、という企業や団体は多いでしょう。

まだ企業認知度の低い資格にはなりますが、インバウンド実務主任者認定試験の合格は、インバウンドビジネスの基本的な知識があることを証明することになるので、就職や転職の際にアピールできることになります。また社内での新規事業の立ち上げや、研修の講師などにインバウンドビジネスの知識を生かすことができます。

インバウンドビジネスでリーダーシップを発揮したい人に役立つ試験です。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事