防犯設備士試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

防犯設備士とは、1992年に日本防犯設備協会が行う警察庁の指導の下で制定された民間資格で、強盗などの侵入盗から安全を守るために、防犯設備を取り付けたり、防犯に対する運営管理を行う知識を問う試験になります。

試験を受験するには、日本防犯設備協会が行う事前提出レポートの提出と、防犯設備士養成講習の修了が義務付けられています。

防犯設備士の上位資格として、総合防犯設備士があり、防犯設備士の試験を合格して一定の期間を経過することで受験資格を得ることができます。

スポンサーリンク

防犯設備士とは

資格名防犯設備士
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル治安
資格区分なし
受験資格なし(但し、試験を受験するには事前レポートの提出と防犯設備士養成講習を修了しなければいけません)
試験日程2月、6月、9月、11月(年4回)
試験場所東京、大阪、名古屋、福岡など
試験内容筆記試験(択一式)
免除科目
合格点各科目60%以上の正解率
受験料10,800円
勉強法日本防犯設備協会から送付されるテキストで勉強しましょう。その他に試験勉強になるテキストは無いと思われます。
通信講座防犯設備士の通信講座を比較
登録・更新3年ごとの更新(任意)
口コミ1件口コミ投稿
問い合わせ公益社団法人 日本防犯設備協会
関連資格

防犯設備士の講習日・試験日

第106回試験

【講習日】2019年5月31日~6月1日
【試験日】2019年6月1日
【申込期間】2019年3月18日~4月12日

第107回試験

【講習日】2019年9月6日~9月7日
【試験日】2019年9月7日
【申込期間】2019年6月10日~7月12日

防犯設備士の試験内容

知識試験

防犯の基礎知識、防犯建物部品の基礎知識、防犯設備の構造及び機能の知識、電気の基礎知識

技能試験

防犯設備設計の技能、防犯設備の名称及び用途等の識別、防犯設備の施工、
防犯設備の保守方法、関係法令

防犯設備士の受験者数・合格率

資格取得者は20,000人程

防犯設備士の難易度

簡単です。

受験者の口コミ

資格取得のメリットから考えても、覚える内容が多すぎます。取得後でも職務上のメリットは感じられません。よく考えて受験してください。(30代男性 会社員)[2016年6月7日]
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

治安の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました