海事補佐人試験の難易度・合格率など

海事補佐人試験とは

海の弁護士と言われており、海難審判法に基づき、受審人の選任によって、海難審判で補佐人として受審人の船舶を操船する上での技術上、事実上の主張を代弁する役割を担っています。
海事補佐人は国家資格になりますが、試験は無く、一定の条件を満たして登録することで、海事補佐人になることができます。

スポンサーリンク

目次

海事補佐人の基本情報

資格種別国家資格(業務独占資格)
ジャンル治安
資格区分なし
受験資格下記参照
試験方法なし
受験料30,000円
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ海難審判所

【総合評価】

人気 :調査中将来性:調査中
就転職:調査中難易度:調査中

【関連資格】

スポンサーリンク

海事保佐人の受験資格

  • 一級海技市の免許を所持(航海・機関・通信・電子通信のいずれか)
  • 裁判官、または理事官の経験
  • 弁護士の資格を所持
  • 海難審判法施行令に定めている教授、またはこれに相当する職にあった者、または3年以上同号ニに定める准教授などの職を経験
  • 海上保安学校などの教育機関の船舶の運航、もしくは船舶用機関の運転に関する学科の教員のうち10年以上教諭もしくはこれに相当する職を経験

海事保佐人になれない人

  • 禁錮以上の刑に処せられた人
  • 成年被後見人又は被保佐人
  • 破産手続開始の決定を受けて復権を得ない人
  • 懲戒の処分によって免官,免職又は除名されて2年を経過しない人

※上記に該当する人は、登録資格を満たしていても、登録することができません

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる