水先人試験の難易度・合格率・日程など

船・航空・車の資格
水先人(みずさきにん)とは、船舶が港や海峡に通る際に、危険な水路を航行して衝突などのトラブルを防ぐために、安全かつ効率的に進路を導く専門家のことを言います。

水先人になるには、国土交通省が実施している国家試験に合格して免許を交付されなければいけません。よって、水先人の資格は業務独占資格になりますので、水先人の資格を取得しないと水先人としての業務を行うことができません。

水先人試験は、誰でも受験できる訳では無く、水先人の養成施設の過程を終了して、尚且つ一定の乗船経験が必要になります。

そして、身体検査をパスしてようやく試験を受験することができます。試験は1級~3級の3つの区分に分かれており、それぞれで水先業務を行える船舶の大きさ(総トン数)に違いがあります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 水先人
評価
資格種別 国家資格(業務独占資格)
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 実務経験などの条件をクリアしなければいけません
※詳しくは海技課水先係のホームページでご確認ください
試験場所 札幌、仙台、横浜、名古屋、大阪、神戸、博多
試験方法 身体検査、筆記試験、口述試験
免除科目 ステップアップの際に、養成期間が短縮される他、水先人試験の一部が免除
合格基準 非公開
受験料 【一次試験(身体検査)】3,450円
【一次試験(筆記試験)】9,700円
【二次試験(口述試験)】11,900円
問い合わせ 国土交通省海事局海技課水先係

試験日程

年3回程実施

試験内容

一次試験(筆記試験)

身体検査、海上事故予防法規、当該水先区の航法に関する法規、気象及び海象知識、航路障害物、航路標識その他重要な事項に関する知識、船舶の操縦に関する知識及び技能、水先人として必要と認められる知識又は技能であつて国土交通省令で定める事項

二次試験(口述試験)

気象・海象知識、水深・距離・障害物、航路標識等の知識、操船知識、国際通信信号知識、条例・規則、英会話、一次試験範囲の応用問題

受験者数・合格率

正式なデータが公表されていませんので何とも言えませんが、受験者数は毎年100人程度と言われています。

合格率は80%程度になります。

試験の難易度

合格率が高いので簡単と思われるかもしれません。

しかし受験資格のハードルが高く、受験者のほとんどが資格取得に全力を注いでいるので、その分、合格率が高くなっていると考えられるので、合格率が高いからと言って決して簡単な試験ではありません。

試験の勉強

水先人 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

水先人試験に合格して免許を交付してもらうことにより、水先案内人として活躍することができます。

水先案内人の主な仕事内容は、船長などに対して航行の助言を行うことがメインになるので、航海・海域に関しての専門知識が必須になります。(だから業務独占資格なんですけどね・・・)

海技課水先係のホームページ内に仕事内容に関する詳しい説明を写真付きで解説しているので、詳しくはそちらで確認して下さい。

2017年現在、全国35箇所の港や船舶交通の輻輳する水域が水先区として設定されており、650名以上の水先案内人が活躍しています。

収入に関しては、水先案内人の平均年収は600万円以上と言われています。専門的な高度な知識が必要になるので、必然的に高くなります。

しかも、経験を積めば積むほど収入がアップしやすい職種になるので、50代を超えると1,000万円以上稼いでいる人の割合が多くを占めています。

先ほども言いましたが、水先人試験は1級~3級まであり、3級しか持っていない場合は2万トンまでの船舶でしか業務が出来ないので自ずと収入は下がります。

2級だと5万トンまで、1級だと制限が無くなるのでステップアップするほど収入期待値は上がります。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事