船の文化検定試験の難易度・合格率・試験日など

船が好きという人が取得すると船好きをよりアピールできる資格が船の文化検定です。通称ふね検と呼ばれています。

船の文化検定委員会が実施している試験になります。試験は初級、中級、上級があります。試験問題は50問、試験時間は1時間です。

出題される内容は日本と世界の船の歴史、船の文化、船の慣習、船の仕組み、舩の運航、船の遊びに関する問題が出題されます。初級から上級までこの内容の中からレベルの異なる問題が出題されています。中級と上級は初級が合格できていないと受験できません。

ちなみに、中級と上級では試験内容は同じで正解率によって決定されます。

船の文化検定に合格するためには、ふね検問題集を購入して受験するのが良いでしょう。ふね検NEOというタイトルでテキストが発売されています。

船の文化検定試験に合格すれば、船好きが集まるサークルを開催したり、船に関する勉強会などを開催したりできるかもしれません。

スポンサーリンク

船の文化検定とは

資格名船の文化検定
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル車・船・航空
資格区分上級、中級、初級
受験資格【上級・中級】初級合格者
【初級】なし
試験日程11月中旬(年1回)
試験場所小樽市・塩竈市・新潟市・東京都・横浜市・名古屋市・常滑市・神戸市・高松市・広島市・北九州市
試験内容筆記試験(四肢択一方式)
免除科目
合格点【初級】正解率70%以上
【中級】正解率80%以上
【上級】正解率90%以上
受験料3,000円
受験データ受験者数、合格率共に非公開
登録・更新
仕事趣味の資格になるので職場で活用するのは難しいでしょう。
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会
関連資格

船の文化検定の試験日

第15回試験

【試験日】2018年11月11日(日)
【申込期間】2018年10月31日まで
【合格発表】2018年12月中旬

船の文化検定の試験内容

出題数は50問、試験時間は1時間

  1. 船の歴史(日本編、世界編):10問
  2. 船の文化・慣習:10問
  3. 船の仕組み:10問
  4. 船の運航:10問
  5. 船の遊び:10問

船の文化検定の難易度

合格率が分からないので何とも言えませんが、日本海洋レジャー安全・振興協会のHPに記載されている練習問題を見る限りではそれほど難しい試験では無いと思います。

趣味の資格になるので、気軽にチャレンジしてみて下さい。

船の文化検定の勉強法

船の文化検定の問題集」から主に出題されるので、問題を徹底的にこなして対策を立てましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

車・船・航空
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました