船内荷役作業主任者試験の受講資格・受講内容・合格率など

船内荷役作業主任者試験とは

港湾貨物運送事業労働災害防止協会等を実施する講習を修了することによって取得できる資格です。
厚生労働省が認定する国家資格で、タンカーなどに船に荷を積んだり、降ろしたりする時に陣頭指揮を執ります。
講習を受講するには特定職種の実務経験が必要になります。(下記参照)
講習は3日間で、作業指揮、玉掛け作業・合図、荷役方法や法令に関する知識や、船舶設備、荷役機械等の構造や取扱法について学びます。講習修了後に、修了試験があるので、その試験に合格する必要があります。
荷を船にきちんと積まなければ、航行中に荷崩れを起こし、大事故につながります。この資格は、荷と人命保護のために大切です。
港湾関係や貨物運送業などの会社に興味がある方は、取得を検討されてみたら良いと思います。

スポンサーリンク

目次

船内荷役作業主任者の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル車・船・航空
資格区分
受験資格揚貨装置運転免許、クレーンデリック運転士、移動式クレーン運転士の免許取得後に4年以上船内荷役作業の仕事を経験
試験日程試験場所により異なる
受験料試験場所により異なる
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ各労働基準監督署各指定教習機関など

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

船内荷役作業主任者の講習内容

講習は3日間で実施され、講習後に修了試験が実施されます。

  • 作業指揮に関する知識
  • 船舶設備、荷役機械等の構造及び取扱いの方法に関する知識
  • 玉掛け作業・合図
  • 荷役方法の知識
  • 法令知識
  • 修了試験

船内荷役作業主任者試験の受験者数・合格率

講習者数と合格率共に非公開

船内荷役作業主任者試験の難易度

講習で取得できるので簡単

資格を活かせる仕事

貨物運送事業などで活躍することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる