理科検定試験の難易度・合格率・日程など

資格名 理科検定
評価(3級)
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 1級、2級、3級、4級、5級、6級、7級、8級
受験資格 誰でも受験できます
試験方法 筆記試験
試験場所 全国各地
試験日程 毎月1回
申込期間 随時
受験料 1級:6,000円
2級:5,000円
3級~8級:3,000円
問い合わせ先 理科検定協会
スポンサーリンク

概要

理科

日本理科検定協会が実施している検定試験が理科検定です。

理科検定は、理数離れの進行を止めたいという願いと生涯学習への貢献のために開始された検定試験です。

理科検定は、8級から1級まであります。8級から6級は小学生の理科の学習内容、5級から3級が中学生の理科の学習内容、2級と1級は物理、化学、生物、地学と細かく分かれています。2級は高校の基礎レベル、1級が高校の応用レベルとなっています。

出題内容については、教科書で復習できるような内容となっているので、中学生レベルまでであれば合格しやすいでしょう。

理検には、級だけでなくスコアで理解度を評価する試験もあります。こちらはスコア30、40、60、100とコースが分かれています。

大学受験や高校受験のために導入している学習塾等もある検定です。

理科検定を受験することで、日常生活で役立つ知識、問題解決能力等も身につけることができます。

興味のある人、理科が好きな人はぜひ受験してみて下さい。

試験内容

試験方法 筆記試験
問題数 1級:5~7問
2級:10問
3級~5級:20問
6級~8級:15問
合格基準 70%程度の正解率が基準
免除科目 なし

出題範囲

理科検定協会のHP内で確認して下さい。

受験者データ

受験者数、合格率共に非公開

試験の難易度

試験の対象者としては、1級と2級は高校生、3級は中学3年生を対象にしており、区分が一つ下がるごとに対象学年も1学年ずつ低くなります。(8級だと小学校4年生)

試験の勉強

通っている学校から受験する方が多いと思うので、自分で特に試験対策を立てる必要は無いと思います。

独学で勉強する際は、基本的に過去問を解いて問題に慣れていけば問題ないでしょう。必要であれば公式問題集を使ってとにかく問題を解いていって下さい。

勉強法 準備中
テキスト 理科検定 公式問題集
理科検定 過去問

資格を活かせる仕事

学生を対象にした資格になるので、仕事で活かすことは難しいです。

企業によっては就活の際に武器になることもありますが、そこまで難しい試験ではないので過度の期待は禁物です。

口コミ・体験談

まだありません。

※2017年01月10日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク