ジュエリーコーディネーター検定試験の難易度・合格率・日程など

美容の資格
ジュエリーコーディネーター検定試験とは、「日本ジュエリー協会」が実施している検定試験で、ジュエリーに関するプロを目指す人の必須資格になりつつあります。

宝石販売のスペシャリストとして、適切なアドバイスを行える様になるには、宝飾品を取り扱う上で必要な専門知識、商品知識が必須になります。

試験は高度な専門知識を問う「1級」から、基礎知識を問う「3級」までクラス分けされています。3級の受験資格はありませんが、2級と1級を受験するにはそれぞれ、3級と2級の資格を取得しなければ、受験資格を得ることができません。

宝飾品販売の従事している人やこれから働きたい人は、取得しておきたい資格になります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 ジュエリーコーディネーター検定
評価
【3級】
資格種別 民間資格
資格区分 1級、2級、3級
受験資格 【1級】2級取得者
【2級】3級取得者
【3級】誰でも受験できます
試験場所 東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台
※年度により異なる
試験方法 筆記試験
免除科目
合格基準 不明
受験料 【1級】1次試験:10,000円、2次試験:5,000円
【2級】13,000円
【3級】9,000円
問い合わせ 一般社団法人 日本ジュエリー協会

試験日程

8月上旬、3月上旬(年2回)

2018年8月試験

【試験日】2018年8月1日(水)
【申込期間】2018年5月1日~6月20日
【合格発表】2018年9月7日

試験内容

公式テキストに準ずる

受験者数・合格率

区分 受験者数 合格率
1級 17人 17.7%
2級 239人 27.6%
3級 734人 47.8%

試験の難易度

試験範囲が限られているのでそれほど難しい試験ではありません。

試験の勉強

日本ジュエリー協会のHP内に公式テキストが販売されているんで、そちらをメインに勉強すると良いでしょう。

ジュエリーコーディネーター 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

ジュエリーコーディネーターは、ジュエリーの歴史、宝石学の高度な専門知識に加え、接客や販売の実務技術を持っています。そこで、宝石を買うお客様に対して親身なアドバイスやコーディネートを提案し、お客様が満足する買い物をして貰うと共に、信頼も得るのが仕事です。

ですから、ジュエリー店ではこの資格を持った人員は不可欠な存在です。

ジュエリーコーディネーターは、ジュエリー産業の発展とお客様の利益になる事を目的として作られた資格なので、ジュエリーの販売の仕方だけに限らず、製造過程や卸売りといったあらゆる工程で役立つ知識を持っています。

全国のジュエリーコーディネーターは、ジュエリーの製造から卸しを経て、お客様へのどこかの工程で活躍しています。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事