マタニティビクス認定インストラクター試験の難易度・合格率・試験日など

マタニティビクスインストラクターは、一般社団法人日本マタニティフィットネス協会が認定する資格です。

資格取得には、2日間、12.5時間のマタニティフィットネスの講義講習と、4日間、27時間のマタニティビクスの実技講習を受けた後に、2時間の筆記試験と1時間の実技試験からなる認定試験に合格する必要があります。

万が一、試験に合格できなかった場合は、受講後、2年以内であれば何度でも受験することが可能です。しかし、受講から2年を超えると、講習から受講し直さなければなりません。

どのような方が取得を目指されているかというと、フィットネスのインストラクターをしている方だけでなく、看護師さんなど医療従事者の方や、妊娠中にプログラムに参加して興味を持ったというような方なども取得を目指されています。

資格取得後も、協会が開催するワークショップに参加してスキルアップすることも可能ですし、ガイドラインを再確認すために講習の部分履修も認めています。

ちなみに、講習自体は協会会員だけでなく、非会員も受講できますが、資格を有効なものにするには会員である必要があります。

スポンサーリンク

マタニティビクス認定インストラクター試験とは

資格名マタニティビクス認定インストラクター
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル美容・健康
資格区分なし
受験資格講義と講習会を受講(妊娠中の方は受講できません)
試験日程開催場所により異なる
試験場所東京、名古屋、大阪
試験内容筆記試験、実技試験
免除科目
合格点80%以上の点数(実技、筆記共に)
受験料194,346円(会員は190,782円)
※講義・実技講習、認定試験、テキスト,DVD代含む
登録・更新
口コミ1件口コミ投稿
問い合わせ一般社団法人 日本マタニティフィットネス協会
関連資格

マタニティビクス認定インストラクター試験の受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開

マタニティビクス認定インストラクター試験の難易度

合格率が分からないので何とも言えませんが、講習を受講してからの試験になるので落とすための試験ではないので簡単だと思います。

仮に試験に落ちても受験期限内であれば何度でもチャレンジすることができるので、試験に対するプレッシャーはありません。

マタニティビクス認定インストラクター試験の勉強法

日本マタニティフィットネス協会が実施している講習会を受講する際にテキストが配布されるので、そちらのテキストを利用して勉強を進めて下さい。

資格を活かせる仕事

認定試験に合格することで、日本マタニティフィットネス協会認定のインストラクターとして登録されますので、当協会が登録している施設でインストラクターとして活躍することができます。

ただ、資格を取得すれば自動的に働ける訳では無いので、試験に合格したらそれで終わりではなく更なるスキルアップを図ることが求められます。

受験者の口コミ

この資格取得を目指したきっかけは、自分自身が妊娠・出産を経験し、近くにマタニティでも運動を教えてくれる人がいたら良いのに…と思ったからです。
メリットとしては少子化と言えども妊婦さんはいるので、仕事がなくなることはありません。資格取得に関しては、覚える事もたくさんあり、体力的にも楽とはいえません。しかし努力すればした分だけ合格率も上がりますよ。(30代女性 主婦) [2017年1月11日]
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

美容・健康の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました