チャイルドマインダー試験の難易度・合格率・試験日など

チャイルドマインダーとは、ベビーシッターと同じく子供を預かる保育のスペシャリストで、忙しい親に代わって子供を預かります。

チャイルドマインダーになるには、「NCMA,Japan」が実施している英国チャイルドマインダー養成講座を受講することでなることができます。資格を取得すると託児所などで働くことができたり、企業の保育施設で勤務できるなどが可能になります。

チャイルドマインダー資格は、保育サービスを自宅訪問して行える資格です。少人数の保育を行う仕事なので、子育てを終えた人から人気のある資格です。

開業して自宅でお子様を預かるという方法も行えます。保育士やベビーシッターと異なるのは、お世話する子供の数です。チャイルドマインダーの場合は4人までとなっています。

チャイルドマインダーの資格は保育士資格と比較しても取得しやすい資格になっているので、小さい子供が好きだけど保育士になれなかったという人もチャレンジしやすいです。

試験は筆記試験のみとなっていて実技試験はありませんので、子育ての経験が無い方でも容易に取得することができます。

スポンサーリンク

チャイルドマインダー試験とは

資格名チャイルドマインダー
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル教育
資格区分なし
受験資格なし
受講日程毎月(受講期間は平均6ヶ月)
試験内容試験は無し
受験料通学本科コース(313,200円)
通学一般特待コース(200,880円)
通学特待生コース(178,200円)
通学看護師コース(178,200円)
通信コース(本科)(199,800円)
通信コース(有資格)(194,400円)
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせNCMA,Japan
関連資格

チャイルドマインダー試験の受講内容

調査中

チャイルドマインダー試験の受験者数・合格率

非公開

チャイルドマインダー試験の難易度

資格取得するためには、まず認定された機関で行われている養成講座を受講し、受験資格を取得し、その後、各機関が実施している検定試験に合格する必要があります。

出題される問題や難易度はそれぞれにより異なるため一概には言えませんが、NMCAの場合70%程度と高い合格率を推移しており、保育士の合格率が20%以下なので、これと比較すると難易度はそれほど高くありません

また、試験の内容はそれぞれの養成講座に沿って出題される傾向にあるため、真面目に学習を積み重ねていくことで合格することは可能です。

ただし、認定機関により受講終了までの時間や費用は大きく異なり、また取得後の就職や開業の道も異なるので、慎重に選ぶ必要があります。

チャイルドマインダー試験の勉強法

勉強法

チャイルドマインダー試験の通学講座

ヒューマンアカデミーのチャイルドマインダー養成講座」は、非常に厳しい監査をクリアし日本で初めて本場英国の職業スキルの基準を満たす「BTEC認定チャイルドマインダー養成校」として認められています。

BTECの認定を受けることで、世界に通用するスキルを身につけられたと同時に、保育現場で重要な信頼感も得ることができます。

詳しい情報を見る

資格を活かせる仕事

チャイルドマインダーの資格を取得すると、自宅やお客様の自宅で保育サービスを行う事が出来ます。一般の保育園と違い少人数のお子さんを保育します。0歳なら2人まで、1歳なら3人まで、2歳~4歳以上なら4人までと、保育人数が決まっています。

ですから、個別に赤ちゃんやお子さん一人一人と向き合った保育をしたいなら、保育士やベビーシッターではなく、チャイルドマインダーがお薦めです。

又、お子さんに目が行き届きやすいので、個別保育を望む親御さんに人気があります。更に、自分達の子育ての要望を直接反映させることが出来るのも親御さんにとっては魅力となっています。

チャイルドマインダーがお客様のお宅を訪問して保育を行う場合は、予め仕事内容以外に使う部屋・貴重品の管理といった事項を文書にしておくとトラブルを避ける事が出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

教育の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました