DTPエキスパート試験の難易度・合格率・試験日など

DTPエキスパートとは、「日本印刷技術協会」が実施している民間資格で、印刷物業界では欠かすことのできないDTP(デスクトップ プリプレス (Desktop prepress) )に関する知識を問う試験で、受験者の多くは、印刷物業界の仕事に従事しています。

スポンサーリンク

DTPエキスパート試験とは

資格名DTPエキスパート
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルクリエイター・デザイン
資格区分なし
受験資格なし
試験日程3月中旬、8月中旬(年2回)
試験場所東京・大阪・名古屋・福岡・仙台(8月のみ)・札幌(8月のみ)
試験内容筆記試験(多肢選択形式)
課題試験(出期限内に作品と制作指示書を提出)
免除科目
合格点【筆記試験】
問題を5つのカテゴリに分けて採点し、全てのカテゴリが正解率80%以上
【課題試験】
作品と制作指示書を総合的に評価します。100点を満点とし、80点を合否のボーダーライン
受験料20,520円
登録・更新2年毎に更新の必要あり。
2年間で新たに追加された項目について出題されます。なお、課題試験はありません。在宅試験になりますので、お好きな時間で受験できるほか、参考書などを見ながら回答できるので、よっぽどのことが無い限り落ちることは無いでしょう。更新受験料は7,150円
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ公益社団法人 日本印刷技術協会
関連資格POP広告クリエイター技能審査試験色彩検定WEBデザイナー検定

DTPエキスパート試験の試験日

2019年度 春試験

【試験日】2019年3月17日(日)
【申込期間】2019年1月17日~2月22日
【合格発表】試験の約2か月後を目途に発表

DTPエキスパート試験の試験内容

試験範囲はカリキュラムに準じます。

DTPエキスパート試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2016年702人45.2%
2015年752人39.1%
2014年820人43.3%

DTPエキスパート試験の難易度

学科試験ではDTPに関する基本的な知識や法令についてだけでなく、色彩や印刷技術、情報システムなどの幅広い知識を問われます。

実技試験では、実際に約4週間かけて制作指示書と印刷用データである作品を制作し、指定された方法で提出しなければなりません。

かなり専門的な知識を求められる内容となっており、未経験者にとっては難易度が高い試験と言えます。

しかし、合格率は50%程度ありますので、きちんと知識が身についていれば未経験者でも合格が目指せます。

一方で、受験料が約2万円必要になることや、資格認定期間が2年間のみで、更新試験が定期的に行われると言う点は、資格に対する難易度を上げている要素でもあります。

資格取得者に難易度を聞いてきた
  • 印刷会社で働いているのでそれほど難しいとは思いませんでした。ある程度DTPに関する知識をお持ちの方は、参考書での独学で十分合格することができます。
  • 実技はやっぱり難しかった・・・。

DTPエキスパート試験の勉強法

勉強法としては、当協会が発行している「DTPエキスパートカリキュラム」を参考に、自分のレベルに合った勉強法を見るけることが大事です。

これからDTPの勉強を始められる方は、スクールや通信講座を利用した方が無難です。

資格を活かせる仕事

印刷業界で活躍することが可能です。

印刷業界の収入

印刷業界の平均年収は500万円程度と高水準です

会社によっては資格手当の対象になるので、更なる収入アップを見込むことができます。

タイトルとURLをコピーしました