WEBデザイナー検定試験の難易度・合格率・試験日など

WEBデザイナー検定とは

CG-ARTS協会が実施している5つの検定試験の一つで、web制作のコンセプトから運用までの幅広い知識を問う試験になります。
各種Webサイトのデザインにおいて、コンセプト・日程・予算などの一定の条件のもとに、コンセプトメイキング・制作・テスト・評価・運用を行うための、知識や技術が求められます。

スポンサーリンク

目次

WEBデザイナー検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルクリエイター・デザイン
資格区分エキスパート、ベーシック
受験資格なし
試験日程7月中旬、11月下旬(年2回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所全国各地
受験料【エキスパート】6,700円
【ベーシック】5,600円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせCG-ARTS協会

スポンサーリンク

WEBデザイナー検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間合格発表
2020年7月12日(日)4月1日~6月5日試験の約2か月後
2020年11月29日(日)9月1日~10月23日試験の約2か月後

WEBデザイナー検定の試験内容

出題形式

筆記試験(択一式[10問])

出題範囲

エキスパート

WEDデザインへのアプローチWebサイト制作に必要な人材と求められる能力、Webサイト制作の一般的なプロセスについての知識
コンセプトメイキングWebサイトのコンセプトメイキングのプロセスや、具体的な手法についての知識
インターフェイスとナビゲーションWebサイトとユーザの接点となるインタフェースのあり方や、ナビゲーション機能の考え方、利用方法についての知識
動きと音の効果Webサイトにおいて、動きと音を使った表現を可能にしている技法と、その表現をユーザビリティの観点から見た場合の注意点についての知識
Webサイトを実現する技術Webサイトで提供され各種サービスを実現している技術や、Webサイト自体を支えている技術についての知識
Webサイトのテストと運用Webサイトのテストと評価方法、公開後の運用や保守、メンテナンス作業、リニューアルのための各種分析手法についての知識
知的財産権知的財産権に関する基本的な考え方と、著作権についての知識

ベーシック

WEBデザインへのアプローチインターネットの歴史、Webの特性、Webサイトの種類、Webサイトの制作フローについての基礎知識
WEBデザインWebサイト制作における、コンセプトメイキング、情報の組織化や構造化、画面構成、素材の制作、テストや評価についての基礎知識
WEBページを実現する技術Webページを実現するための技術である、HTMLやCSS、JavaScriptについての基礎知識
技術の基礎Webサイト制作を支える、ディジタル、ソフトウェア、インターネットについての基礎知識
知的財産権知的財産権に関する基本的な考え方と、著作権についての基礎知識
データフォーマットデータフォーマットについての基礎知識

合格点

100点満点中70点

WEBデザイナー検定の応募者数・合格率

エキスパート

時期応募者数合格率
2019年後336人36.30%
2019年前268人29.82%
2018年後253人49.1%
2018年前289人34.9%

ベーシック

時期応募者数合格率
2019年後866人64.35%
2019年前613人68.72%
2018年後569人60.5%
2018年前289人34.9%

WEBデザイナー検定の難易度

難しい試験ではありませんが、エキスパートに関しては実務経験が無いと難しく感じるでしょう。

WEBデザイナー検定の勉強法

WEBデザイナー検定 公式問題集」をメインに問題の傾向を掴んで下さい。

資格を活かせる仕事

Web制作会社なので活躍することができます。

WEBデザイナーの収入

WEBデザイナーの平均年収は350万円程度と言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる