イラストレータークリエイター能力認定試験の難易度・合格率・日程など

クリエイターの資格
デザインや印刷などのDTP業界にて最も利用されている、画像編集ソフトのAdobe製品「イラストレータークリエイター(Illustrator)」に関する知識とグラフィックコンテンツの制作能力を問う試験で、「サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会」が実施・認定しています。ちなみに、正式名称は「Illustrator®クリエイター能力認定試験」、英語表記だと「(Illustrator® Creator Skills Qualification Test)」です。

ドキュメントデザイン技術に関する知識を有し、Illustratorを駆使して、提示されたテーマ・素材から、仕様に従ってコンテンツを制作する能力を認定。

認定基準は、指示道理に作業を行うことを目的とする「スタンダード」と、クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる「エキスパート」に分かれています。試験申込時に、どちらかを選択して受験します。

これまでに、延べ5万人が受験しており、WEBクリエーターを中心に人気のある資格と言えるでしょう。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 イラストレータークリエイター能力認
評価
【スタンダード】
資格種別 民間資格
資格区分 エキスパート、スタンダード
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 全国主要都市
試験方法 知識、実技、実践
免除科目
合格基準 【エキスパート】
知識問題・実技問題の得点率65% 以上で、かつ実践問題の得点率70% 以上
【スタンダード】
実技問題の得点率65% 以上で、かつ実践問題の得点率70% 以上
受験料 【エキスパート】8,400円
【スタンダード】7,400円
問い合わせ 株式会社サーティファイ

試験日程

各試験会場によって異なる

試験内容

エキスパート

  • 知識:Adobe Illustrator®およびDTP、Web デザインに関する知識
  • 実技:Adobe Illustrator®の操作によるDTPファイル、及びWebデザインパーツの作成
  • 実践:Adobe Illustrator®の操作によるDTPファイル、及びWebデザインパーツの作成

スタンダード

  • 実技:Adobe Illustrator®の基本操作によるDTP ファイル、及びWeb デザインパーツの作成
  • 実践:Adobe Illustrator®の操作による作品制作

受験者数・合格率

累計受験者数は70,268人(平成29年3月31日現在)

合格率は68.9%(平成28年度平均合格率)

試験の難易度

イラストレーターとしての実務経験があればさほど難しく感じることは無いでしょう。

試験の勉強

勉強法 イラストレータークリエイター能力認定 勉強法
資格講座 パソコン教室アビバ

資格を活かせる仕事

この資格を持っていると、イラストレーターとしてイラストを制作し、提供する仕事に就くときに役に立ちます。

イラスト制作というと、ポスターや、商品のパッケージ、雑誌などの挿絵イラストや、Webサイトなどのイラストなどが一般的です。

つまり、出版社や広告代理店、印刷業など、制作会社やプロダクションのデザイナーとして働くことに活かせます。

企業に所属して働く以外にも、フリーランスとして働くときにも、この資格が役に立ちます。資格を持っていれば、クライアントからの信頼感も高まるのが理由です。

これらの一般的なイラスト以外にも、工業製品などのマニュアルに掲載されているイラストや、医療関係の書籍などに掲載されているイラストなどを描く仕事にも、この資格を活かせます。

これらのイラストを描く仕事であれば、工業製品を扱っているメーカーや、薬や医療機器を取り扱っている医療関係の仕事にも、この資格が活かせます。

オンライン時代の昨今、ゲームのキャラクターやアバターなどのイラストを描ける人材も需要があります。

この場合は、ゲーム会社やネット事業を行っている企業などの就職に、この資格が役立ちます。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事