色彩検定試験の難易度・合格率・試験日など

色彩検定とは

色彩検定協会が実施している、色彩活用能力を問う試験です。
受験者数は年々増加して累計で120万人を超えました。
資格の内容としては、ファッション業界を始め、インテリアやメークアップなど、あらゆる製品のコーディネートを行うスペシャリストを目指す人の為の検定試験になります。
年齢・学籍関係なく誰でも受験することができ、特に学生を中心に非常に人気のある資格です。

スポンサーリンク

目次

色彩検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルクリエイター・デザイン
資格区分1級、2級、3級、 UC級
受験資格なし
試験日程【1級】11月中旬(年1回)
【2級、3級】6月下旬、11月中旬(年2回)
【UC級】12月中旬
試験方法【1級】
<一次試験>筆記試験
<二次試験>筆記試験、実技
【2級~UC級】
筆記試験(マークシート方式、記述式)
免除科目なし
試験場所全国各地
受験料【1級】15,000円【2級】10,000円
【3級】7,000円【UC級】6,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ公益財団法人 色彩検定協会

【総合評価】(3級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

色彩検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間
3級・2級・ UC級
2020年6月28日(日)
3月16日~ 5月21日
3級・2級・1級・ UC級 
2020年11月8日(日)
1級2次
2020年12月13日(日)
8月3日~ 10月1日

色彩検定の試験内容

出題形式

<一次試験>筆記試験(マークシート方式、記述式)
<二次試験>記述方式、実技

出題範囲

  • ヨーロッパの色彩文化
  • 色彩調和論
  • 色覚特性と視覚変化
  • オストワルト表色系
  • 心理評価法
  • 配色イメージ
  • ファッションビジネスの世界
  • 色彩計画のプロセス
  • 非住宅空間の色彩

合格点

満点の70%前後(年度により異なる)

色彩検定の志願者数・合格率

2018年

区分志願者数合格率
1級1,656人35.6%
2級11,631人64.9%
3級26,056人73.6%
UC級1,650人92.0%

2017年

区分志願者数合格率
1級1,689人35.6%
2級11,182人64.9%
3級25,227人73.6%

色彩検定の難易度

合格率は3級が70%程、2級が60%程、1級が30%程となっており、2018年より新たに加わったUC級の合格率は92%でした。

この合格率から見ると、3級、2級、UC級はしっかりと勉強を行っていれば、比較的難易度は低い資格試験と言えるでしょう。

1級はこの中では難易度は高く、試験は一次試験と、一部実技で出題される二次試験が時期をずらして行われます。

実技は実際にカラーカードを使用していきますが、きちんと理解できていないと答えることができません。

しかし、一次試験に合格すれば2年間に限り一次試験は免除されます。

1級は年に一回しか受けられませんが、受験資格もなく、どの級からでも受験できるため、総合的に見ると取り組みやすい試験です。

受験者に難易度を聞いた
  • 色彩検定はシンプルな暗記だけではなく、活用方法や、図なども覚える必要があるので割と難しいです。毎日30分勉強して、過去問は何年分も解きました。それでも3級は受かりましたが、2級になると難易度がかなり上がりますので、もっと勉強が必要だと思います。暗記テキストも分厚く時間をかけて勉強する必要があります。(2級取得 20代女性)
  • 公式テキストと色名を覚えればいいだけなので、比較的簡単に取得できました。3級と2級のテキスト、新配色カードを購入して独学で学び、試験はいきなり2級を受けましたが合格することができました。(2級取得 20代女性)
  • 色名を覚えるだけでなく、光についてや配色バランスなど、覚える量としてはそれなりにありましたが、興味があれば苦なく覚えていけてそこまで難しくはないと思います。(3級取得 40代女性)
  • 3級は色彩検定の中で一番合格率が高く、難易度は低めです。色彩の理論や法則について、基本的な知識を身に付けていれば解ける問題がほとんどです。本屋で売っている参考書を理解していれば、合格ラインである70%はクリアできると思います。あえて言うと慣用色名を覚えるのがやや大変ですが、苦手だったとしても他の問題でカバーできる程度の出題比率となっています。(3級取得 20代女性)

色彩検定の勉強法

勉強法としては、色彩検定協会が発行している対策テキストや過去問をこなすことで十分に取得することが可能です。

色彩検定の独学勉強法

色彩検定のお勧めテキスト

初めて勉強する方はまず公式テキスト

過去3回分の試験問題を掲載!オリジナル模擬試験問題で実践的に勉強

色彩検定のテキストを探す

色彩検定の通信講座

独学でも合格を目指すことは可能ですが、勉強期間が短い方や合格できる確率を少しでもアップさせたいのであれば通信講座の受講を考えてみて下さい。

色彩検定の対策講座として有名なのが、「ヒューマンアカデミーの色彩検定2・3級講座」と「フォーサイトのカラーコーディネーター・色彩検定通信講座」です。

どちらも安価な受講料でしっかり学ぶことができるのでお勧めです。

資格を活かせる仕事

ファッション業界を始め、インテリア業界、自動車業界、家電業界など、様々な分野のメーカーにて、開発部門や商品企画部門で活躍することができます。

但し、資格を取得したからと言って、転職や就職に劇的に有利になったり、昇給が見込めるといったことはあまり考えられません。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる