カラーデザイン検定試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

カラーデザイン検定は、3級から1級まであります。

国際カラーデザイン協会が実施している検定試験で、就職試験でも有利になると言われているので、デザイン関係の仕事に就職を希望している学生などが多く受験しています。

商品の開発や企画、宣伝などの分野でも、色を使ってアピールすることができますし、インテリアコーディネイターやファッションコーディネイターなど色に関係する仕事をしている人にも非常に役立つ資格です

試験合格のための書籍も販売されていますので、受験を希望しているのであればまずは公式テキストを購入して勉強しましょう。

1級を取得した後に、協会が実施している講習を受けるとカラーデザインマスターになることができます。

講師として登録してもらえますので、仕事の幅が広がります。もっと幅を広げていきたいという場合は、パーソナルスタイリストの検定も受験すると良いとされています。

色の持つ様々な効果を知ることで、プライベートでも役立てられることが多いですのでぜひ受験してみて下さい。

スポンサーリンク

基本情報

資格名カラーデザイン検定
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルクリエイター・デザイン
資格区分1級、2級、3級
受験資格なし
試験日程7月下旬、1月下旬(年2回)
試験場所全国各地
試験内容【1級】筆記試験(一部記述のマークシート)、実技(記述式)
【2級・3級】筆記試験(マークシート)
免除科目
合格点70%前後の正解率
受験料【1級】14,000円【2級】8,000円
【3級】7,000円
※団体受験割引あり
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせICD国際カラーデザイン協会
関連資格

試験日

第19回

【試験日】2019年1月27日(日)
【申込期間】2018年10月29日~12月25日
【合格発表】2019年2月22日

試験内容

1級

色を表す方法、素材と色彩、造形と心理的効果、商品パッケージの色/広告とブランディングなど

2級

色の対比、色の同化、色名の由来と意味、色の連想と象徴など

3級

色彩の基礎、嗜好色と嫌悪色、インテリア・カラーコーディネート、食べ物と色、食空間と色、色の共感覚など

受験者数・合格率

受験者数、合格率共に非公開。受験者のほとんどが女性です。

試験の難易度

3級に関しては、色彩の基礎など実生活でも触れる機会のある知識がメインになるので、さほど難しくありませんが、2級と1級はかなり専門的な問題が出題されるので難易度はグッとアップします。

試験の勉強法

過去問を解きつつ、理解できない問題に関しては公式ガイドを利用して勉強すると良いでしょう。

勉強法準備中
テキストカラーデザイン検定 公式ガイド
カラーデザイン検定 過去問

通学講座の紹介

ヒューマンアカデミーのカラー講座」では、2大カラー資格とされているカラーデザイン検定 とAFT色彩検定のW資格を取得できるカリキュラムが組まれています。

詳しい情報を見る

資格を活かせる仕事

インテリアデザイナーやイラストレーターなど色を扱う職場でしたら存分に活かすことが可能です。

タイトルとURLをコピーしました