カラーアドバイザー認定試験の難易度・合格率・日程など

クリエイターの資格
色が人の心理に与える影響は大きく、同じアイテムでも色のバリエーションや配色のバランスによって大きく印象が変わりますよね。

カラーアドバイザー認定試験は、色の特徴や性質を理解して、効果的な色の使い方をアドバイスできる能力を認定するための試験です。カラーアドバイザー認定試験は日本デザインプランナー協会によって、2ヵ月ごとに実施されています。

カラーアドバイザー認定試験では、色の見え方や色の特質、配色など色彩について基本的な知識や技法について知ることができます。また生産者や消費者としての立場から見た色彩のバランスなど産業に応用できる力を身に着けることができます。

カラーアドバイザー認定試験はインターネットで申し込み、自宅で受験することができます。

カラーについてしっかりと知識を得たい、色彩のセンスを磨いていきたい、と願っている人にとってはチャレンジしておきたい試験となっています。カラーセンスを生かせる場は多くあるので、応用できる範囲が広がります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 カラーアドバイザー認定試験
評価
資格種別 民間資格
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 自宅など
試験方法 在宅受験
免除科目
合格基準 70%以上の評価
受験料 10,000円(税込)
問い合わせ 日本デザインプランナー協会

試験日程

偶数月(年6回)

2018年12月試験

【試験日】2018年12月20日~25日
【申込期間】2018年11月1日~11月30日
【合格発表】2019年1月20日

試験内容

調査中になります。

受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

試験の難易度

在宅受験になるので、試験中も対策を立てれるので難易度としては低いでしょう。

試験の勉強

調査中になります。

資格を活かせる仕事

カラーアドバイザーに認定されると、カラーについて適切な選択ができる、効果的な色の組み合わせについてアドバイスができるということを示すことができます。

カラーの知識を生かせる現場は多く、ネイルやメイク、ファッション、アパレル業界はもちろんインテリア、フラワーアレンジメント、ブライダルなど多方面で活かすことができます。

またWEBデザインや広告、出版、印刷、写真などでも効果的で印象に残るカラーデザインに役立てることができます。ほかにも店内での商品の陳列、配置、カフェやレストランなどでのメニュー開発や盛り付けなど、フード業界でもいかすことができます。

カラーアドバイザーとしての知識を使って、幅広く色にまつわるアドバイスを行っていくことで、事業の発展に貢献できますね。

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事