速記技能検定試験の難易度・合格率・試験日など

スポンサーリンク

公益社団法人日本速記協会が実施している試験が速記技能検定です。

話された言葉をすぐに書き取ったりパソコンに入力したりすることができる技能を持っている事を証明する資格です。電話のメモや会議の議事録作成などビジネスシーンで役立つ資格となっています。

速記技能検定に合格すると、速記のために作られた基本符号を使って記録を取り、それを文字に起こしていける能力があることが認められます。

6級から1級まであります。6級や5級は普通の文字を少し早く記入することができればあとは速記文字を習得すれば合格できるレベルです。反訳に関しては辞書を使って示すことができれば十分なレベルとなっています。

4級や3級は事務級とされていて、速記に使われる文字の種類も増えます。反訳に関しては辞書を用いずに訳せることができなければなりません。2級と1級は専門級で高度な知識が必要となります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名速記技能検定
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルクリエイター・デザイン
資格区分1級、2級、3級、4級、5級、6級
受験資格なし
試験日程1月、5月、8月、11月の最終日曜日(年4回)
試験場所全国各地
試験内容朗読文を速記して原稿を作成する
免除科目
判定基準
  • 誤字、脱字、余分な字、判読不明瞭な字、同音異字等は、原則として1字1失点
  • 誤訳、脱訳、未訳は、訂正した字数により失点
  • 送り仮名の送り方、仮名・漢字のいずれにも書く社会的慣用のあるもの、字体の新旧については失点としない
  • 仮名遣いは、現代仮名遣いによる
受験料【1級】6,000円【2級】5,000円
【3級】4,000円【4級】3,000円
【5級】2,500円【6級】2,000円
登録・更新
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ公益社団法人 日本速記協会
関連資格

試験内容

1級2級3級
分速320字280字240字
朗読時間10分10分5分
総字数3200字2800字1200字
反訳時間130分130分60分
合格ライン98%98%97%
許容失点64字56字36字
4級5級6級
分速180字120字80字
朗読時間5分5分5分
総字数900字600字400字
反訳時間60分60分60分
合格ライン97%96%96%
許容失点27字24字16字

受験者数・合格率

合格率は、1級15%程、2級20%程、3級30%程、4級50%程、5級55~65%程、6級80~90%程

試験の難易度

1級は難しいです。

試験の勉強法

速記技能検定 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

速記・テープ起こしの専門会社で活躍することは可能です。

速記技能士は、講演やインタビュー等を特殊な速記専用の符号で即座に書き留め、それを後に反訳して日本語として記録に残すのが仕事です。

就職先は速記専門会社となります。又、そこから派遣されて、自治体や官庁のミーティングや、一般企業、マスコミ等から依頼され、会話や会議内容を速記文字で書き留めます。会話を正確に記録し、原稿に起こして提出するまでが速記技能士の仕事です。

現在ではICレコーダーの普及に依り、速記の将来性が疑問視されていますが、ICレコーダーの使用が認められていない場合も多いので、まだまだ速記技能士は必要な存在です。

又、会社等で電話の用件を聞き書きする時も速記の能力を持っていると、間違える事無く相手の一言も漏らさずに記録出来るので便利です。

タイトルとURLをコピーしました