MENU

レターライター認定試験の難易度・合格率・試験日など

2020 5/25
レターライター認定試験の難易度・合格率・試験日など
レターライター認定試験とは

レターライターとして最低限必要な知識を得る為に行う試験です。

目的に合った、正しい言葉を使って、相手の心に気持ちを届けなければいけません。手紙は形に残るものなので、上手にそれができないと逆効果です。

レターライター認定試験の勉強をすれば、そのような失敗をすることはまずなくなることでしょう。

在宅試験になるので気軽に受験できますが、受験料が10,000円と少々高い所がネックです。

2019年度試験よりレターライティングマスター⇒レターライターへと名称変更になりました。

スポンサーリンク

目次

レターライター認定試験の基本情報

資格名 レターライティングマスター認定試験
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別 民間資格
ジャンル 教養・基礎
受験資格 なし
試験日程 偶数月の中旬(年6回)
試験場所 自宅など
試験内容 在宅受験
免除科目
合格点 70%以上の評価
受験料 10,000円
登録・更新
問い合わせ 日本インストラクター協会
関連資格 エンディングノートプランナーレタリング技能検定校正技能検定速記技能検定

スポンサーリンク

レターライター認定試験の受験者数・合格率

受験者数と合格率共に非公開

レターライター認定試験の難易度

合格率や試験問題が分からないので何とも言えないですが、 日本インストラクター協会が実施している他の資格試験はそれほど難しくないので、そこまで構える必要はありません。

資格を活かせる仕事

カルチャースクールなどで活躍を期待できますが、資格取得者の多くは実生活で活かすために取得を目指しています。

実務に直接的に活かすことは難しいですが、言葉遣いや敬語などは社会人として最低限必要なマナーになるので、これから就職を控えた学生さんにはぜひ受験してみて欲しいです。

この資格を取得すれば、ご自宅やカルチャーセンターで講師をしたりすることもできるかと思いますが、資格は仕事と結びつかなくても良いのではないでしょうか。

素敵なお手紙が書ける人は、やはり素敵ですよね。メールやLINEが主流の今だからこそ、手紙の価値が上がっているとも言えます。

手紙のマナーや敬語の使い方などを学び、心が伝わる手紙を書けるようになりましょう。受験資格は特になく、在宅受験が可能です。

ご自分の内面を磨くためにも、資格取得を目指されてみてはいかがでしょうか。

受験者の口コミ評判

まだありません。(口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる