電気工事施工管理技士試験の難易度・合格率・試験日など

電気・無線の資格

電気工事施工管理技士とは、電気工事の実施に当たり、その施工計画及び施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術を問う試験で、「一般財団法人 建築業振興基金」が実施している国家試験になります。

試験区分は1級と2級があり、1級では電気工事の施工計画や工程管理、安全品質管理などをおこなうことができます。

また、電気工事施工管理技士の資格を取得することで、社会保険労務士と建築設備士(1級取得者のみ)の受験資格を得ることができます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 電気工事施工管理技士
評価
【2級】
資格種別 国家資格(名称独占資格)
資格区分 1級、2級
受験資格 学歴や資格に応じて実務経験が必要になります
※細かく設定されていますので、詳しくは建築業振興基金のホームページでご確認下さい
試験場所 札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・沖縄
試験方法 学科試験、実地試験
免除科目 前年の学科試験合格者は学科試験が免除されます。(その他にも免除設定あり)
合格基準 【1級】
<学科試験>60問中36問以上正解
<実地試験>満点中60%以上の得点率
【2級】
<学科試験>40問中24問以上正解
<実地試験>満点中60%以上の得点率
受験料 【1級】学科試験:11,800、実地試験:11,800円
【2級】11,800円
登録・更新 監理技術者資格者証の有効期限は5年間
問い合わせ 一般財団法人建設業振興基金
関連資格

国家資格一覧 ・電気・無線の資格一覧

試験日程

試験は年1回実施されます。

【1級】6月(学科)、10月(実地)
【2級】11月(学科、実地)

2018年度試験

【試験日】
<1級>
学科:2018年6月10日(日)
実地:2018年 10月14日(日)
<2級>
2018年11月11日(日)

【申込期間】
<1級>2018年2月2日〜2月16日
<2級>2018年6月22日〜7月20日

【合格発表】
<1級>
学科:2018年7月20日
実地:2019年 2月1日
<2級>2019年 2月1日

試験内容

学科試験

電気工学等、施工管理法、法規

実地試験

施工管理法

受験者数・合格率

2017年度試験の合格率は、

  • 1級で学科試験:48.0%、実地試験:62.5%
  • 2級で学科試験:58.7%、実地試験:41.6%

試験の難易度

国家試験の中では、それほど難しい試験ではありません。

試験の勉強

勉強法 電気工事施工管理技士 勉強法
テキスト 電気工事施工管理技士 テキスト
問題集 電気工事施工管理技士 問題集

資格を活かせる仕事

この資格を取得すると、電気設備の施工現場において、その知識と応用力を基に指導的業務に当たります。発電設備、送・配電といった電気工事が設計図や仕様書通りに安全に高品質に、そして適正な価格で仕上げられているかを確認します。

又、施工に必要な資材の調達や技能士の配備も行います。

近年はビルの高層化や環境に付いての意識が高まっているので、省エネの知識にも詳しくなくてはなりません。又、光ファイバー、オール電化住宅、防犯・防災面も電気化されてきていますので、これまで以上に複雑化する電気工事を如何に図面通りに、そして最も省エネ効果を発揮出来るように仕上げるかが電気工事施工管理技士の肩に掛かっています。

これから、益々需要が増える資格です。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★★5

かなりあ 40代男性(会社員)
2015年5月14日

会社からの指示で取得を志す
実務で通信会社の電気工事設備を担当しています。電気工事施工管理技士に関してはなによりも実務経験が優先されるので、せっかくなので取得したほうが良いという職場の勧めで受験しました。
その通り、面談、書類選考あほとんどなので実務経験さえあれば合格可能な資格です。ほかの会社に行っても役に立つので、実務経験のある方はおすすめです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事