獣医師試験の難易度・合格率・試験日など

動物・ペットの資格

獣医師は、犬や猫を始め、動物(人間以外)の病気や怪我に対して診療や治療、予防など医療に関する業務を行える専門士です。医療業務の他にも、家畜衛生に関する業務や狂犬病の予防など、公衆衛生に携わる業務も行うことが可能です。

動物の治療行為全般を行いますので、医師と同様に、指定大学で指定科目(獣医学)を学ぶなど、獣医師法で定められている受験条件をクリアしなければいけません。獣医師試験の合格率は、毎年80%以上ありますが、決して簡単な資格ではありませんので、かなりの対策が必要です。

獣医師は、業務独占資格になりますので、獣医師の資格を取得して獣医師免許を交付してもらわなければ獣医師としての業務を行うことができません。獣医師は、数ある動物資格の中でも唯一の国家資格になります。

スポンサーリンク

基本情報

資格名  獣医師
評価
資格種別 国家資格(業務独占資格)
資格区分 なし
受験資格 ・大学(6年制)で獣医学の過程を修めて卒業
・外国の獣医学校を卒業、もしくは外国で獣医師の資格を取得
・獣医師国家試験予備試験に合格
試験場所 北海道、東京都、福岡県
試験方法 【学説試験】択一式(160問)
【実地試験】択一式(120問)
免除科目
合格基準 およそ6割以上の正解率(明確な定めはなし)
受験料 13,900円
登録・更新 獣医師免許申請書の提出が必要。収入印紙:32,000円
問い合わせ 農林水産省-獣医師、獣医療
関連資格
  • 家畜人工授精師(牧場や家畜保健衛生所などで、家畜人工授精師として活躍することができる)
  • 愛玩動物飼養管理士(仕事のためだけではなく自宅で飼っているペットの飼育の為に取得している人も)
  • 実験動物技術者(マウスなどの動物を使って食品や薬の効果や副作用を調べる仕事)
  • 動物愛護社会化検定(ペットを飼う飼い主は積極的にチャレンジしてくれれば嬉しいです)
  • 医師(医師免許を取得できれば、仕事に困ることはありません。)

国家資格一覧 ・動物・ペットの資格一覧

試験日程

【試験日】2月中旬(年1回)
【申込期間】1月上旬~中旬
【合格発表】3月中旬

試験内容

学説試験A(80問)

獣医療の基本的事項、獣医学の基本的事項

学説試験B(80問)

衛生学に関する事項、獣医学の臨床的事項

実地試験C(60問)

衛生学に関する事項、獣医学の臨床的事項

実地試験D(60問)

衛生学に関する事項、獣医学の臨床的事項

受験者数・合格率

年度 受験者数 合格率
2017年 1,277人 88.3%
2016年 1,296人 77.2%
2015年 1,299人 78.8%
2014年 1,241人 75.6%
2013年 1,237人 81.7%
2012年 1,250人 81.8%
2011年 1,266人 83.7%
2010年 1,275人 82.5%
2009年 1,321人 84.1%
2008年 1,262人 77.9%
2007年 1,255人 79.4%
2006年 1,250人 84.7%
2005年 1,304人 82.6%

試験の難易度

試験は難しいですが、試験より獣医学部へ入学する(受験資格を得る)方が遙かに困難です。

試験の勉強

ベタですが過去問を解きつつ、問題集で反復学習することが大切です。

勉強法 獣医師 勉強法
問題集 獣医師 問題集

資格を活かせる仕事

獣医師の職場は、大きく分けて「診療をする獣医師」と「診療をしない獣医師」の2パターンに分けることができます。

診療をする獣医師の職場は、動物病院や診療施設などの医療機関や、動物園や水族館などで常駐する獣医師、製薬会社などで実験動物の管理を行う獣医師も存在します。

一方、診療をしない獣医師の職場は、公務員として検疫所や食肉衛生検査所、保健所などでの業務で、動物の診療に携わることはおろか、動物に触れ合うこともほとんどありません。

獣医師の収入

厚生労働省の調査による、2012年の平均年収は545万円になります。動物に関わる仕事の中では、最も高い収入水準になります。ただ、医師の平均年収の1160万円(2012年度)に比べると半分以下の水準になります。

ただ、この水準は、食肉衛生検査所や製薬会社勤務など、診療携わらない獣医師の収入も含めていましので、診療をする純粋な獣医師(特に開業医)でだけで統計をとればもっと高い水準になると思われます。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★☆4

リング 30代男性(会社員)
2015年8月14日

獣医師の資格について
獣医師の資格は、まず獣医大学を卒業しないと国家試験を受ける資格がもらえない。専門学校などもだめ。なので、人間の医師と同じようにまず大学に入学しなければならない。
そのため、受験資格自体もってないといけないことから、合格率は約8割後半から9割と高い。もちろん、それに合格するために大学に入っているため、受からなければ話にならないので熱が入るのはあたりまえだ。

お勧め度 ★★☆☆☆2

昭夫 40代男性(会社員)
2015年4月10日

試験としての勉強期間は1年ぐらい
獣医師は動物病院や小動物病院の他にも、動物園や水族館での勤務医や、公務員として働くことも可能です。
獣医師の資格を受験するには、大学の獣医学科に入学して卒業しなければいけません。試験自体はそれほど難しくないが、なんせ受験資格を得られる大学が少ない。
獣医学科はたしか16で1000人ほどしかありません。かといって晴れて獣医師になれても収入は医師ほど高くないし何より激務です。
私は動物病院で勤務していますが、病院内に多くての数人しか獣医師がいませんのでかなりの激務になります。
基本的に週休1日です。定休日があっても入院動物の治療や管理をしなければいけませんので、必ず誰かしら出勤しなければいけません。
また、獣医師の数は年々増加しており飽和状態のあるといっていいでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事