掃除能力検定試験の難易度・合格率・試験日など

掃除能力検定とは

掃除のスペシャリストとしての知識や技能を問う試験で、日本掃除能力検定協会が実施しています。
家庭や職場などの日常の掃除から、職業としての専門業務の習熟を目的としたクラスまで幅広く設定しており、掃除に関して初歩的な知識を問う5級から、独立する人を対象にした1級まで存在します。
掃除と言えば地味なイメージがあるかもしれませんが、掃除の手法は年々進化しています。安全で効率のよい掃除手法を取り入れることが、掃除のスペシャリストになる第一歩になります。
最近では、テレビ番組などのメディアで紹介されることもあり、今後注目の資格の一つです。

スポンサーリンク

目次

掃除能力検定の基本情報

掃除検定
資格種別民間資格
ジャンル趣味・娯楽面白い資格
資格区分2級、3級、4級、5級(1級は準備中です)
受験資格なし(飛び級はできません)
試験日程受験地により異なる
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所【2級~5級】札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、松山、博多
受験料【2級~5級】7,700円(税込)
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般社団法人 日本掃除能力検定協会

【総合評価】(3級)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

掃除能力検定の試験内容

出題形式

  • 2級:筆記試験(多肢選択式問題)、実技試験
  • 3級~5級:筆記試験(多肢選択式問題)

出題範囲

カーペットの素材別特長とメンテナンス方法、外壁面・テントの洗浄

合格点

【2級~5級】100点満点中80点以上

掃除能力検定の受験者数・合格率

受験者数、合格率の全て非公開

掃除能力検定の難易度

2級ビジネスコース:掃除テクノロジー関連事業で独立・開業される経営者に必要な知識
3級メジャーコース:用具・機械の構造と使い方、基本施工業務、作法としての掃除
4級オフィシャルコース:業務としての掃除、掃除の実務、作法としての掃除
5級パーソナル・コース:知識としての掃除、技能としての掃除、作法としての掃除

掃除能力検定の勉強法

日本掃除能力検定協会が発行している「公式テキスト」内から大半の試験問題は出題されます。

資格を活かせる仕事

掃除能力検定は、趣味レベルで取得される方が多い資格ですが、就職や転職の際に有利に働くこともあります。

掃除は、どの職種・業界でも重宝される存在であり、特に介護士やホームヘルパーなど、直接掃除と関わる職種では、資格を取得することにより、就職や転職の際の大きな武器になります。

掃除に関する業務をしている企業では、従業員全員に取得を義務付けている場合もあります。

また、スキルを積むことにより、「掃除代行」などの事業を展開する手助けにもなりそうです。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

口コミを投稿する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる