毒物劇物取扱責任者試験の難易度・合格率・試験日など

毒物劇物取扱責任者は、その名のとおり毒物や劇物に関する取り扱い(製造・販売・管理など)に関しての専門家で国家資格として認定されています。試験区分は「一般」「農業用品目」「特定品目」の3区分に分かれます。

日本国内で毒薬及び劇物を取り扱う場合は、毒物(劇物)取締法により、国や各都道府県の許可を・届出が必要になりますので、その営業所ごとに毒物劇物取扱責任者(有資格者)を1人選出して安全面の管理をしなければいけません。

薬剤師の資格を持っている場合や、厚生労働省で定められている工業高校などで指定の学科を卒業することで、毒物劇物取扱責任者の資格を取得しなくても有資格者として認められます。

スポンサーリンク

毒物劇物取扱責任者試験とは

資格名毒物劇物取扱責任者
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
社会人
その他
資格種別国家資格(必置資格)
ジャンル保安・技術
資格区分一般、農業用品目、特定品目、内燃機関用メタノールのみの取扱に係る特定品目
受験資格受験資格はありませんが、次に挙げる事項に該当する人は、試験に合格しても資格を取得することができません。
・18歳未満
・心身の障害により毒物劇物取扱者の業務を適正に行うことができない
・麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
・毒物、劇物、薬事に関する罪を犯し、執行を受けることがなくなった日から起算して3年を経過していない
試験日程各都道府県による
試験場所各都道府県
試験内容筆記試験(択一式)、実地試験
免除科目あり
合格点【筆記試験】6割以上の正解率
【実地試験】科目ごとの合計がそれぞれ4割以上の正解率
受験料各都道府県による(東京都は12,900円)
登録・更新
口コミ1件口コミ投稿
問い合わせ各都道府県の毒物劇物取扱責任者試験の担当課
(都道府県のホームページよりご確認下さい)
関連資格火薬類保安責任者危険物取扱者高圧ガス製造保安責任者第1種圧力容器取扱作業主任者

毒物劇物取扱責任者試験の試験内容(参考)

筆記試験

毒物及び劇物に関する法規(25問)、基礎化学(15問)、毒物及び劇物の性質及び貯蔵その他取扱方法(20問)、毒物及び劇物の識別及び取扱方法(10問)

実地問題

毒物及び劇物に関する法規、基礎化学、毒物及び劇物の性質及び貯蔵その他取扱方法、毒物及び劇物の識別及び取扱方法

毒物劇物取扱責任者試験の受験者数・合格率

合格率はおよそ40%

毒物劇物取扱責任者試験の難易度

各都道府県で難易度が違いますが、国家資格の中では比較的簡単です。

毒物劇物取扱責任者試験の勉強法

毒物劇物取扱責任者の独学勉強法

資格を活かせる仕事

毒物(劇物)の製造業、輸入業や販売業で、毒物(劇物)の貯蔵設備の管理や事故時の措置などの業務にあたることができます。

受験者の口コミ

ホームセンターに勤務しております。農薬や肥料等を扱う園芸部門や希硫酸を扱うカー用品売場で資格を生かせそうですが取得者が店に一人いればよい資格です。勉強期間は1ヶ月半くらいで問題集を一冊購入して何周か解いただけです。(40代女性 パート)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

保安・技術の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました