原子炉主任技術者試験の難易度・合格率・日程など | 資格の門【2018年】

原子炉主任技術者試験の難易度・合格率・日程など

資格名 原子炉主任技術者
評価
資格種別 国家資格
資格法令 必置資格
資格区分 なし
受験資格 一次試験:誰でも受験できます
二次試験:一次試験合格者で尚且、原子炉の運転に関する業務に6か月以上従事、もしくは指定された講習課程を修了
試験方法 一次試験:筆記試験(択一式)
二次試験:口答試験
試験場所 東京
試験日程 一次試験:3月
二次試験:8月
申込期間 一次試験:1月上旬~中旬
二次試験:6月中旬~7月上旬
合格発表 一次試験:5月中旬
二次試験:8月中旬
受験料 52,100円
問い合わせ先 原子力規制委員会原子力規制庁総務課
スポンサーリンク

概要

原子炉

原子炉主任技術者は、「原子力規制委員会」が実施している国家資格で、原子炉の運転に関する保安や管理をする技術者になる為の知識を問う試験になります。

原子炉の設置事業者では、原子炉主任技術者の設置が義務付けられており、有資格の中から選出されます。

試験は、筆記試験(一次試験)と、口答試験(二次試験)で構成されており、一次試験に合格することで二次試験に進むことができます。

尚、一次試験の受験資格はありませんが、二次試験は実務経験など、所定の条件を満たす必要がありますので、注意して下さい。

試験内容

一次試験(筆記試験)

原子炉理論

  • 原子炉の設計
  • 原子炉の運転制御
  • 原子炉燃料及び原子炉材料
  • 放射線測定及び放射線障害の防止
  • 原子炉に関する法令

二次試験(口答試験)

  • 原子炉の運転を行うために必要な実務的知識

免除科目

なし

合格基準

不明

受験者数・合格率

一次試験

実施時期 受験者数 合格率
2016年 222人 8.5%

試験の難易度

難しい試験です。

試験の勉強

原子炉主任技術者 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

この資格を取って原子炉設置場所で働くには、当然ながら非常な専門的知識と、責任の重さが伴います。

原子炉主任技術者は原子炉の運転に関して保安の監督を行う責任者です。原子炉では絶対に安全性が保たれなくてはなりません。その為絶えず原子炉の一番近くで勤務する事になります。又、原子炉の運転に従事する者は、原子炉主任技術者の保安の為の指示には従わなければならない決まりとなっています。

就職先としては、原子力発電を行っている電力会社が一般的です。就職後に実務経験を積んだ後に原子炉主任技術者の試験を受ける事になります。原子炉を設置する会社は、原子炉主任技術者を置かなければならない法律上の規定があるので、会社としても育成には力を注いでいます。

口コミ・体験談

お勧め度 ★★★☆☆3

カンタロー 20代男性(会社員)
2015年8月11日

理系で一番取得が難しい国家資格
おそらく理系で一番難しい国家試験。このサイトもそうですが、資格難易度を比較しているところでこの資格が最上位に載ってないのは、この資格が知られていないだけ。原子炉に関する工学はもちろん、核燃料物質、材料力学、熱力学、電気、その他幅広い分野から出題されるだけでなく、原子炉の実際の運転、保守、点検、緊急時の対応と実務的な問題も出題されます。そのうえ参考書や問題集がなく、最近の過去問は公開されてますが解答はないです。勉強方法を見つけるだけで一苦労します。どうしても取得したいなら東大の専門職大学院に行くことを強くオススメします。一般試験で合格することはまず無理です。受験料も五万円を超え、東京のみの開催なので東京以外の人は交通費と3日分の宿泊費が必要となります。たとえ筆記合格しても研修料が100万円を超える研修に行かなければ口述試験に受けられません。試験内容が激ムズ、コスパ最悪、知名度皆無、こんないいところが全くない資格試験です。ただし、全て合格すればその後の人生は保証されること間違いなしです。
※2017年12月18日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事