非破壊試験技術者試験の難易度・合格率・試験日など

非破壊試験技術者試験とは

物を破壊せずに内部や表面の傷、劣化状況を調べ出す検査技術のことを非破壊検査といい、この検査は原子力発電所やプラント、鉄道、航空機等において適用されています。
その検査をすることができる非破壊試験技術者の技術レベルを一定の水準に保つため、2003年度から非破壊試験技術者試験が実施されているのです。
これは日本非破壊検査協会が主催している資格で、レベル1から3までの3段階に分かれています。
レベル3が最上位になり、それぞれ訓練時間を満たせば受験資格を得ることができます。高校の物理の知識があればまず問題ありませんが、実技試験に合格するために講習を受けて試験対策をする人もいます。

スポンサーリンク

目次

非破壊試験技術者試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル保安・技術
資格区分レベル1、レベル2、レベル3
受験資格あり
※日本非破壊検査協会ホームページでご確認下さい
試験日程年2回実施
【一次試験】3月下旬、9月下旬
【二次試験】5月~6月、11月~12月
試験方法【一次試験】筆記試験
【二次試験】実技試験(レベル3は筆記試験)
免除科目
試験場所札幌、仙台、千葉、東京、神奈川、名古屋、大阪、広島、高松、福岡
受験料13,395円
登録・更新登録料:10,500円
5年毎の更新料:5,250円
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般社団法人 日本非破壊検査協会 

【総合評価】(レベル1)

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

非破壊試験技術者試験の試験内容

出題形式

【一次試験】筆記試験(四者択一式)
【二次試験】実技試験(レベル3は筆記試験)

合格点

【一次試験】一般問題と専門問題、それぞれで70点以上
【二次試験】70点以上

非破壊試験技術者試験の合格率

  • レベル1:40%程
  • レベル2:30%程
  • レベル3:15%程
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる