非破壊試験技術者試験の難易度・合格率・日程など

保安・技術の資格
非破壊試験とは、放射線や超音波などの技術を用いて、製品を傷つけることなく素材の欠陥や疲労度を検査して、製品の品質や安全性を確かめる為の試験です。

非破壊試験技術者は、「日本非破壊検査協会」が実施している民間資格で、受験資格により「レベル1」「レベル2」「レベル3」に分けられ、数字が上がるほど試験難易度はアップします。

試験は一次試験と二次試験に分かれており、両方に合格することで資格を取得することができます。

スポンサーリンク

基本情報

資格名 非破壊試験技術者
評価
【レベル1】
資格種別 民間資格
資格区分 レベル1、レベル2、レベル3
受験資格 あり
※日本非破壊検査協会ホームページでご確認下さい
試験場所 札幌、仙台、千葉、東京、神奈川、名古屋、大阪、広島、高松、福岡
試験方法 【一次試験】筆記試験(四者択一式)
【二次試験】実技試験(レベル3は筆記試験)
免除科目
合格基準 【一次試験】一般問題と専門問題、それぞれで70点以上
【二次試験】70点以上
受験料 13,395円
問い合わせ 一般社団法人 日本非破壊検査協会 

試験日程

試験は年2回実施されます。

【一次試験】3月下旬、9月下旬
【二次試験】5月~6月、11月~12月

試験内容

日本非破壊検査協会ホームページでご確認下さい

合格率

  • レベル1:40%程
  • レベル2:30%程
  • レベル3:15%程

試験の勉強

非破壊試験技術者 勉強法(準備中)

資格を活かせる仕事

調査中

受験者の口コミ

まだありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事