労働安全コンサルタント試験の難易度・合格率・試験日など

労働安全コンサルタント試験とは

企業で働く労働者の危険を察知し、事故を未然に防ぐための安全性の診断や指導などのコンサルタントを行う専門家です。
労働安全コンサルタントの試験を取得する為には、安全衛生技術試験協会が実施している国家試験を合格して、厚生労働省に備える労働安全コンサルタント名簿に登録しなければいけません。
試験は、「機械」「電気」「化学」「土木」「建築」5つの区分に分類され、受験者がいずれか1つの区分を選択して受験します。
筆記試験を合格することで口述試験に進むことができ、両方を合格しなければいけません。
労働者の安全を確保する為にも、必要不可欠な資格と言えるでしょう。

スポンサーリンク

目次

労働安全コンサルタント試験の基本情報

資格種別国家資格(名称独占資格)
ジャンル保安・技術
資格区分機械、電気、化学、土木、建築
受験資格安全に関する実務経験などが必要
試験日程年1回実施
【筆記試験】10月中旬
【口述試験】翌年1月
試験方法筆記試験、口述試験
免除科目あり
試験場所【筆記試験】北海道、宮城、東京、愛知、兵庫、広島、福岡
【口述試験】東京、大阪
受験料24,700円
登録・更新登録手数料:20,000円
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ公益財団法人 安全衛生技術試験協会 

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

労働安全コンサルタント試験の試験日

2019年度試験

試験日申込期間合格発表
筆記試験
2019年10月29日
口述試験
大阪:2020年1月15日~1月16日
東京:2020年1月28日~1月30日
筆記試験
7月8日~8月7日
口述試験
11月1日~11月15日
筆記試験
12月19日
口述試験
3月下旬

労働安全コンサルタント試験の試験内容

出題形式

筆記試験(択一式、記述式)、口述試験

出題範囲

産業安全一般、産業安全関係法令、安全(各区分から一つを選択)

合格点

【筆記試験】総点数のおおむね60%以上で、尚且1科目40%以上の正解率
【口述試験】4段階評価の上位2ランク

労働安全コンサルタント試験の受験者数・合格率

筆記試験

実施時期受験者数合格率
2018年1,331人21.8%
2017年1,265人23.8%
2016年1,080人28.8%
2015年888人43.4%

口述試験

実施時期受験者数合格率
2018年289人78.5%
2017年299人79.9%
2016年301人73.8%
2015年385人70.6%

労働安全コンサルタント試験の難易度

国家資格の中でも比較的難易度は低いです。

資格を活かせる仕事

機械、電気、土木、建築など関連企業において、事業者の依頼のもと作業現場の安全性や診断を行います。適切な判断をできるよう豊富な知識が要求されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる