労働者派遣契約責任者検定試験の難易度・合格率・試験日など

労働者派遣契約責任者検定とは

労働者派遣にかかわる関係法令の知識をはかるために行われる検定試験で「派遣検定」と呼ばれています。
労働者派遣に従事する派遣元企業の業務担当者が多く受験しており、これまで累計4,000人以上の受験者がチャレンジしています。
コンプライアンス能力の向上をはかる当試験は、実務的なスキルを身に付けるのに最適な資格になりますので、派遣業界に興味のある学生も積極的に取得しておきたい資格の一つと言えるでしょう。

スポンサーリンク

目次

労働者派遣契約責任者検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル事務・ビジネス・経営
資格区分なし
受験資格20歳以上
試験日程2月中旬、8月中旬(年2回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡
受験料8,000円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせNPO法人 人材ビジネスコンプライアンス推進協議会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

労働者派遣契約責任者検定の試験日

2019年度試験

試験日申込期間合格発表
2020年2月26日(水)終了しました試験の約2週間後

労働者派遣契約責任者検定の試験内容

出題形式

択一式のマークシート形式(計50問・90分)

出題範囲

労働者派遣法、労働基準法、安全衛生法、個人情報保護法、社会保険などの事項

合格点

100点満点中80点以上

労働者派遣契約責任者検定の合格率

近年の合格率は40%程

労働者派遣契約責任者検定の難易度

それほど難しい試験ではない。気になる方は人材ビジネスコンプライアンス推進協議会のホームページ内に過去問が掲載されているので確認しよう。

労働者派遣契約責任者検定を活かせる仕事

人材派遣企業で活躍することができる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる