人材測定コンサルタント試験の難易度・合格率・日程など

資格名 人材測定コンサルタント
評価
資格種別 民間資格
資格区分 採用分野・評価分野
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 東京、大阪、名古屋
試験日程 2月、8月
申込期間 試験の約1か月前までに願書を提出
受験料 採用分野:8,000 円(税別)
評価分野:8,000 円(税別)
2分野同時受験:12,000円(税別)
問い合わせ先 人事コンサルタント協会
スポンサーリンク

概要

働きたいという就労希望者と、雇いたいという企業側の意向がマッチすることは、安定した就労の入り口として大切ですよね。ただ、人材の募集や採用、活用というプロセスはとても難しく、苦労の多い面があります。

雇用のミスマッチが起こると、せっかく採用した労働者が長く続けてくれないといったケースが起こります。優秀な労働者に長く働いてもらうには、社内の人事評価が適切にできているかどうかも大切です。

人材測定コンサルタントは、採用する企業側の募集、採用、人事評価のスキルアップを目的に作られています。

「採用分野」と「評価分野」の2つのコースがあるので、それぞれ取得することができます。必要な分野を選択して学ぶことができます。また両方に合格すると上級人材測定コンサルタントになることができます。

人事コンサルタントを取得するには、人事コンサルタント協会の講座を受けてから認定試験に合格し、協会に入会することが必要です。人材測定コンサルタントの資格を目指すことで、採用や人事評価などの知識を体系化して身に着けることができます。

資格取得までの手順

資格を取得するためには、まずは人事コンサルタント協会が実施している認定講座を受講しなければいけません。認定講座は「通信」と「通学」があります。

詳しくは人事コンサルタント協会のHPで確認して下さい。

試験内容

試験方法 筆記試験(マークシート方式)
問題数 40問
試験時間 60分間
合格基準 7割以上の得点率
免除科目 なし

受験者数・合格率

合格率は80%程

試験の難易度

人材測定コンサルタント認定講座の標準学習期間は1.5ヵ月と設定されているので、普通に勉強していればさほど難しい試験ではないのでしょうか。

協会のHPにも、「認定講座をしっかり聞き、復習さえしていれば、初学者でも学習で後れを取るものではありません」と明記されており、合格率も80%程あるみたいなので、予備知識が無くても十分合格可能です。

試験の勉強

認定講座を受講しなければいけないので、事前に特に対策を立てる必要はありません。

資格を活かせる仕事

人材測定コンサルタントを持っていることで、人事や採用のスペシャリストとしてアピールできます。

すでに企業内で人事、採用を担当している人にとってはスキルアップに役立ちます。

また人材ビジネスのコーディネーター、大学など教育機関の就職支援担当者などにも適しています。今後、これから人事や採用の分野に進んでみたいという人にとっても、魅力的な資格です。

会社の発展のためにもっと適切な採用や人事のシステムを作りたい、と考えている人や効率のいい募集や採用システムにしたいと思っている人にとって役立ちます。人材測定コンサルタントになるために身に着けた知識を、毎日の業務のなかでいかしていくことができます。

企業では「採用」と「人事」が重要な業務です。自社に適切な人材を採用し、正しい人材評価でその人物を配置する事は、その人物の能力を高め、それに依って何より企業の業績を上げる事に繋がります。

人材測定コンサルタントは、企業内の採用担当者、人事評価担当者、キャリアコンサルタント、多には大学や高校の就職部門担当者、更には人材派遣業や人材コーディネーターにとってお薦めの資格です。

口コミ・体験談

まだありません。

※2018年01月14日時点の情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事