MENU

特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者試験の難易度・合格率・試験日など

2020 5/25
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者試験の難易度・合格率・試験日など
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者試験とは

 

東京労働基準協会連合会が実施している国家資格で、特定化学物質を扱う工場などにおいて、そこに従事する労働者に対して、特定化学物質の汚染による健康被害を防止する為の知識を問う試験になります。

資格を取得するには、2日間に渡る「特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者講習」を受講して、修了試験に合格しなければいけません。

一定の有害な化学物質や四アルキル鉛の含有物を製造し、または取扱う作業を行う事業所においては、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者の設置が義務付けられていることから重宝される資格と言えるでしょう。

スポンサーリンク

目次

特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者試験の基本情報

資格名 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
社会人
その他
資格種別 国家資格(必置資格)
ジャンル 保安・技術
受験資格 18歳以上
試験日程 毎月1回
試験場所 各都道府県
試験内容 講習後の修了試験
免除科目
合格点 不明
受験料 12,000円
登録・更新
問い合わせ 公益社団法人 東京労働基準協会連合会
関連資格 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者核燃料取扱主任者第1種圧力容器取扱作業主任者ガス溶接作業主任者

スポンサーリンク

特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者試験の講習内容(2日間)

  • 健康障害及びその予防措置に関する知識(4時間)
  • 保護具に関する知識(2時間)
  • 作業環境の改善方法に関する知識(4時間)
  • 関係法令(2時間)
  • 修了試験(1時間)

特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者試験の受験者数・合格率

  • 受験者数:毎年約1,000人
  • 合格率:ほぼ100%

特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者試験の難易度

簡単です。

受験者の口コミ評判

口コミを投稿する

スーツ男
軽部
40代会社員
2018年11月
5

化学工場に勤めている関係で取得。2日間の講習をしっかり聞いて重要ポイントをおさえておけば、最後にあるテストも難なくクリアできるでしょう。(テストをすることは法律で決まっているので逃れることはできません)講義(学科)のみで実技はありません。合格率は、ほぼ100%ですが、まれに落ちる人がいます。講義はしっかり聴きましょう。これを持っていないと取り扱うことはできません。メリットはそこです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる