ガス溶接作業主任者試験の難易度・合格率・試験日など

ガス溶接作業主任者試験とは

安全衛生技術試験協会が実施している国家資格で、試験を合格して免許を交付してもらうことにより、ガス溶接作業主任者としての業務を行うことができます。
ガス溶接を行う際は、爆発に伴う火災など、いつも危険と隣り合わせです。
そんな中、ガス溶接作業を行う事業所では、労働安全衛生法により、専門家であるガス溶接作業主任者免許を受けた者の中から、ガス溶接作業主任者を選任することが義務付けられています。
受験資格は無く、誰でも受験することができますが、免許を交付してもらう際には、実務経験などの条件をクリアしなければいけません。

スポンサーリンク

目次

ガス溶接作業主任者試験の基本情報

資格種別国家資格(必置資格)
ジャンル保安・技術
資格区分なし
受験資格なし
※但し、免許を交付してもらう際は、実務経験や養成訓練などの条件をクリアしなければいけません。
試験日程各安全衛生技術センターで異なります(年3回~6回実施)
試験方法筆記試験
免除科目あり
試験場所北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、九州の安全衛生技術センター
受験料6,800円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ公益財団法人 安全衛生技術試験協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

ガス溶接作業主任者試験の試験内容

出題形式

筆記試験(択一式)

出題範囲

ガス溶接等の業務に関する知識(5問)、関係法令(5問)、アセチレン溶接装置及びガス集合溶接装置に関する知識(5問)、アセチレンその他可燃性ガス、カーバイド及び酸素に関する知識(5問)

合格点

全科目の合計が6割以上で、尚且つ各科目4割以上の正解率

ガス溶接作業主任者試験の受験者数・合格率

時期受験者数合格率
2018年916人85.8%
2017年926人85.1%
2016年887人81.5%
2015年939人89.9%
2014年1,055人87.7%

ガス溶接作業主任者試験の難易度

試験はかなり簡単です。

ガス溶接作業主任者試験の勉強法

ガス溶接作業主任者の独学勉強法

ガス溶接作業主任者試験のテキストを探す

資格を活かせる仕事

溶接作業を行う工場などで活躍することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる