クリーニング師試験の難易度・合格率・試験日など

クリーニング師試験とは

クリーニング店を行う場合、クリーニング師を店頭に1人以上置かなければ営業ができないことになっています。
クリーニング業法という法律で定められていますので、クリーニング店には必ずクリーニング師がいます。
クリーニング師試験は国家試験となっていて全国で行われています。
都道府県知事が実施している試験に合格するとクリーニング師となれるのですが、都道府県ごとに試験問題が異なります。
試験内容は学科試験と実技試験があります。学科試験はクリーニング教本という教科書を基本に問題が作られますので教本をしっかり理解しておくことで合格しやすいです。
実技についてはYシャツ実技の他、繊維や薬品、しみ抜きの鑑別などがありますが地域によって内容が異なります。Yシャツ実技の場合はYシャツを自前で用意しなければいけない事もあります。
また、同法により、クリーニング師は、3年に1度、繊維やクリーニング、関係法令などに関する最新の知識を習得し、技術を研鑚するためのクリーニング師研修を受講することが義務付けられています。
中学校を卒業すれば誰でも受験することができるので、クリーニング店で仕事がしたい人は資格取得を検討してください。

スポンサーリンク

目次

クリーニング師試験の基本情報

資格種別国家資格(必置資格)
ジャンル衣服
資格区分なし
受験資格中学校を卒業、またはそれと同等の学力が認められた人
試験日程都道府県により異なる
試験方法筆記試験(四肢択一式・実地試験)
免除科目なし
試験場所各都道府県
受験料都道府県により異なる(およそ10,000円)
登録・更新リーニング師の免許申請をしてクリーニング師原簿に登録されることで認定。
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ各都道府県環境衛生主管課(ホームページ無し)

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

クリーニング師試験の試験内容

学科試験衛生法規に関する知識、公衆衛生に関する知識、洗たく物の処理に関する知識
実地試験ワイシャツのアイロン仕上げ、繊維の鑑別、しみの鑑別としみ抜き

クリーニング師試験の受験者数・合格率

合格率は80%ほど

クリーニング師試験の難易度

都道府県知事の行う試験に合格する必要があるため、地域により合格率や試験内容にばらつきがある点がこの資格試験の特徴でもあります。

学科試験はどの地域でもテキストに沿った出題される傾向にあるため、このテキストを元に学習をしていけばそれほど難易度は高くないと言えます。

実際にワイシャツのアイロン仕上げや繊維の鑑別などを行う実技試験は、各地域で試験内容が異なり、持ち込みOKな場合や、使用するワイシャツの素材の違いもあるため、自分が試験を受ける地域の情報をきちんと把握しておきましょう。

受験者数の違いもありますが、合格率の高い地域では80%を超えており、しっかりと技術と知識を身につけていれば難易度は高くないでしょう。

クリーニング師試験の勉強法

クリーニング師の独学勉強法

クリーニング師試験のテキスト

資格を活かせる仕事

この資格を持っていると、クリーニング処理を行う場所で就職するのに役立ちます。

クリーニング処理を行う場所として多いのは、クリーニング店やクリーニング工場です。現代は働く女性も多いので、クリーニングに頼る家庭も増えており、店舗数も増加しています。

その他にも、クリーニングを行う老人ホームや介護施設も多くあります。高齢化社会の現代では、これらの施設が増加していますので、クリーニング師の資格を持っていると就職に有利に働きます。

また、大型ホテルなどにも、クリーニングを行うところがあります。

このように、クリーニングを行う施設は多彩です。

クリーニング業務を行うためには、必ず一人のクリーニング師を常駐させるという規定があるため、ニーズは一定数あります。

クリーニング師の資格を持っていると、自営業としてクリーニング店を開くことができますし、クリーニング師資格を取得するための研修や講習会の講師としての仕事にも活かすことができます。

クリーニング師の資格を取得するために、クリーニングの技法や、しみ抜きの方法、繊維や薬品の識別などを学びますので、実生活にも活かすことができます。

クリーニング師の収入

クリーニング店員の平均年収は250万程です。非正規社員が多いので給料水準は低いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる