MENU

メディカルケアワーカー検定試験の難易度・合格率・試験日など

2020 7/07
メディカルケアワーカー検定試験の難易度・合格率・試験日など
メディカルケアワーカー検定とは

医療福祉情報実務能力協会が実施している試験です。
メディカルケアワーカーとは看護助手のことで、仕事が多岐にわたる上に、多忙な看護師の仕事の補助や、看護師不足を補うものとして、近年注目されています。
試験は1級と2級があり、どちらも在宅受験で実施されます。
メディカルケアワーカーは医療行為はできませんが、食事や入浴の補助やベッドメーキングなど、看護の現場では看護助手でできる仕事はたくさんあります。
メディカルケアワーカーだけでなく、ついでに訪問介護員の資格と一緒にとると、就職に有利には働くことでしょう。

スポンサーリンク

目次

メディカルケアワーカー検定の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル医療・心理
資格区分1級、2級
受験資格【1級】
2級合格者
【2級】
・実務経験通年1年以上(当協会規定)
・メディカルケアワーカー講座を受講
のいずれか
試験日程【1級】3月下旬、7月上旬、12月上旬(年3回)
【2級】3月下旬、7月上旬、9月中旬、12月上旬(年4回)
試験方法筆記試験
免除科目なし
試験場所在宅
受験料【1級】8,700円【2級】7,700円
登録・更新なし
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

メディカルケアワーカー検定の試験日

2020年度試験

試験日申込期間合格発表
2019年7月7日(日)4月15日~5月24日8月2日
2019年12月1日(日)9月30日~11月1日1月24日
2020年3月22日(日)※2級のみ1月27日~2月21日5月8日

メディカルケアワーカー検定の試験内容

出題形式・範囲

学科(45問)

基礎心理学、実技緒論

文章作成

形式:学科出題範囲及びガイドラインの事柄についての記述問題(総文字数400字程度)、問題に定められた「課題」を受験者が作成し、解答を行う。応用理解力と知識を他者へ伝える力を問う。

合格点

偏差値55以上で以下の条件を満たすこと
【学科】80%以上の正答率
【文章作成】不明

メディカルケアワーカー検定の合格率

  • 1級の合格率は45.7%
  • 2級の合格率は54.0%

メディカルケアワーカー検定の難易度

試験合格率は50%前後となっていますが、決して難しい試験ではありません。

資格を活かせる仕事

この資格があると、病院や診療所、介護施設などにおいて、介護助手として採用される確率が高まります。

医療現場は、過酷な労働のため、看護士はつねに人手不足となっており、大きな社会問題となっています。

この資格をもっていれば、ベッドメイキングから、患者さんの身体的な介助や、歩行の介助などができます。これだけでも、看護士の仕事は大きく軽減しますので、医療施設では大変重宝されています。

今後、今以上に高齢化社会が進む可能性がありますので、看護士不足を補える、メディカルケアワーカーの需要は今後も高まっていくと思われます。

また、医療施設だけでなく、高齢者のお世話をする施設などでも、メディカルケアワーカーの需要は高まっています。

この資格があれば、身体的な介助や食事の介助だけでなく、食事の配膳や食事の補助、包帯などの医薬品の準備や消毒なども行うことができますので、介護施設でも大いに役立てることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる