臨床心理士試験の難易度・合格率・試験日など

臨床心理士は、精神的な問題を抱える人に対して、臨床的な心理学の知識を用いてケアをする専門家になります。

患者のストレスなどの原因を分析して適切なこことのケアを行うことを目的としており、ストレス社会といわれる現代において欠かせない存在になっています。

臨床心理士には、「臨床心理士倫理綱領」と呼ばれる個人のプライバシーや人権、福祉の増進を守らなければならないという規定がありますので、臨床心理士は、それに沿って業務を遂行していかなければいけません。

スポンサーリンク

臨床心理士試験とは

資格名臨床心理士
人気
将来性
就・転職
難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル医療・心理
資格区分なし
受験資格・指定大学院(1種・2種)を修了した者
・臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
・諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴&心理臨床として2年以上経験
・医師免許取得者で、心理臨床として2年以上の経験など・・・
試験日程年1回実施
【筆記試験】10月中旬
【口述面接試験】11月中旬
試験場所東京都
試験内容【筆記試験】多肢択一式(100問)、小論文
【口述面接試験】筆記試験通過者のみ
免除科目
合格点非公開
受験料30,000円
登録・更新5年ごとに更新が必要
口コミ4件口コミ投稿
問い合わせ日本臨床心理士資格認定協会
関連資格メンタルヘルス・マネジメント検定メンタル心理カウンセラービジネス心理検定ひきこもり支援相談士

臨床心理士試験の試験日

2018年度試験

【試験日】
<筆記試験>2018年10月13日(土)
<口述面接試験>2018年11月23日(金)~25日(日)

【申込期間】
2018年7月6日~8月17日

【合格発表】
2018年12月中旬

臨床心理士試験の試験内容

筆記試験

臨床心理査定・臨床心理面接・臨床心理的地域援助および臨床心理士に関する倫理・法律など

口述面接試験

2名の面接委員による口述面接試験(基本的な姿勢や態度、専門家として最低限備えておくべき人間関係能力を審査)

※詳しくは、日本臨床心理士資格認定協会にお問い合わせ下さい

臨床心理士試験の受験者数・合格率

年度受験者数合格率
2017年2427人65.5%
2016年2582人62.9%
2015年2590人61.8%
2014年2664人60.4%
2013年2804人62.4%
2012年2812人59.1%
2011年2740人60.6%
2010年2607人61.3%

臨床心理士試験の難易度

受験資格を得る方が難しいでしょう・・・

臨床心理士試験の勉強法

臨床心理士試験にチャレンジする多くの人が大学や大学院で試験対策すると思うのでここで説明する必要も無いでしょう。

資格を活かせる仕事

臨床心理士の職場は、基本的に総合病院などの精神科や、精神科の専門病院が多いです。その他にも、精神保健福祉センターなどのリハビリセンターで働かれている方もいらっしゃいます。

臨床心理士が担当する主なケースとして、職場や学校でのいじめなどの人間関係の悩み、家庭内暴力、PTSD(外傷後ストレス障害)など、精神に関わる様々な問題を解決しなければいけません。

上記のことから、周りとのコミュニケーションに長けた人でないと業務を努めることは困難です。

臨床心理士の収入

日本臨床心理士会のアンケートによると、年収300万円以下が30%程、300万円台が25%程、400万円以上が40%強になります。平均年収はデータが無いので分かりませんが、一般の会社員に比べて低い水準になります。

ただ、このデータにはパートタイマーやアルバイトも含まれますので、フルタイムに限定すると、高収入の割合は上がってくるでしょう。

受験者の口コミ

試験対策は大学で試験対策があったので自分では特に何もしていません。臨床心理士の資格を取得しましたが仕事の需要としてはかなり少ないと思います。求人があっても基本的に1日4時間など、パートとしての採用になる場合が多くなり、カウンセラーだけで生活するのは少々厳しいです。私も現在書店でアルバイトをしながら掛け持ちをしています。(30代女性 フリーター)
大臨床心理士は病院で必ず置かなければいけない職種ではありませんので、臨床心理士として就職するのは困難です。年収の大半が300万円以下で非常勤勤務の方が多いです。更に最近では非常勤での勤務も厳しくなっている状況なので、今後ますます厳しい職種になっていくと思います。
臨床心理士は経験がものを言う世界なので、資格を取得したばかりの方には高いハードルになります。また、需要の割に人気がある資格になるので競争率は高くなります。資格は取っても結局違う職種に就職した友達も多数いるので、何度も言いますが厳しい業界だと思います。(30代男性 会社員)
10年以上臨床心理士として働いています。私の様に経験がある人に対しては、高年齢であっても働き口はそれなりにあります。ただ、大学を卒業してからの就職口としてはあまりないので、結局、病院で雑務をしている人が多いです。いかに最初の職場を探し出せるかがポイントになります。(30代男性 会社員)
私は資格を取得しましたが、結局今は別の仕事をしています。この資格は医師や看護師の様に業務独占資格ではないので、病院側から重宝されることはありません。
ストレス社会が進む中で、もしかしたら国家資格になる可能性もありますが・・・。今やネットを使って簡単に無料で心理相談ができてしまう社会になっているので、わざわざお金を払ってカウンセラーに相談しに行く人もあまりいないでしょう。(30代女性 会社員)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

医療・心理の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました