臨床心理士試験の難易度・合格率・試験日など

臨床心理士試験とは

臨床心理士は、精神的な問題を抱える人に対して、臨床的な心理学の知識を用いてケアをする専門家になります。
民間資格にはなりますが、誰でも受験できる訳ではなく、基本的には指定の大学院を卒業する必要があり受験ハードルは極めて高いです。
試験は筆記試験と口述面接試験で実施されます。
患者のストレスなどの原因を分析して適切なこことのケアを行うことを目的としており、ストレス社会といわれる現代において欠かせない存在になっています。
臨床心理士には、「臨床心理士倫理綱領」と呼ばれる個人のプライバシーや人権、福祉の増進を守らなければならないという規定がありますので、臨床心理士は、それに沿って業務を遂行していかなければいけません。

スポンサーリンク

目次

臨床心理士試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル医療・心理
資格区分なし
受験資格・指定大学院(1種・2種)を修了した者
・臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
・諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴&心理臨床として2年以上経験
・医師免許取得者で、心理臨床として2年以上の経験など・・・
試験日程年1回実施
【筆記試験】10月中旬
【口述面接試験】11月中旬
試験方法筆記試験、口述面接試験
免除科目なし
試験場所東京都
受験料30,000円
登録・更新5年ごとに更新が必要
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ日本臨床心理士資格認定協会

スポンサーリンク

臨床心理士試験の試験日

2019年度試験

試験日申込期間合格発表
筆記
2019年10月12日(土)
口述面接
2019年11月9日(土)~11日(月)
7月9日~8月31日12月下旬

臨床心理士試験の試験内容

出題形式

【筆記試験】多肢択一式(100問)、小論文
【口述面接試験】筆記試験通過者のみ

出題範囲

臨床心理査定・臨床心理面接・臨床心理的地域援助および臨床心理士に関する倫理・法律など

合格点

非公開

臨床心理士試験の受験者数・合格率

年度受験者数合格率
2018年2,214人63.6%
2017年2427人65.5%
2016年2582人62.9%
2015年2590人61.8%
2014年2664人60.4%
2013年2804人62.4%
2012年2812人59.1%
2011年2740人60.6%
2010年2607人61.3%

臨床心理士試験の難易度

受験資格を得る方が難しいでしょう・・・

臨床心理士試験の勉強法

臨床心理士試験にチャレンジする多くの人が大学や大学院で試験対策すると思うのでここで説明する必要も無いでしょう。

臨床心理士試験のテキストを探す

資格を活かせる仕事

臨床心理士の職場は、基本的に総合病院などの精神科や、精神科の専門病院が多いです。その他にも、精神保健福祉センターなどのリハビリセンターで働かれている方もいらっしゃいます。

臨床心理士が担当する主なケースとして、職場や学校でのいじめなどの人間関係の悩み、家庭内暴力、PTSD(外傷後ストレス障害)など、精神に関わる様々な問題を解決しなければいけません。

上記のことから、周りとのコミュニケーションに長けた人でないと業務を努めることは困難です。

臨床心理士の収入

日本臨床心理士会のアンケートによると、年収300万円以下が30%程、300万円台が25%程、400万円以上が40%強になります。平均年収はデータが無いので分かりませんが、一般の会社員に比べて低い水準になります。

ただ、このデータにはパートタイマーやアルバイトも含まれますので、フルタイムに限定すると、高収入の割合は上がってくるでしょう。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる