メンタルヘルス・マネジメント検定試験の難易度・合格率・試験日など

資格名 メンタルヘルス・マネジメント検定
評価
【II 種】
資格種別 民間資格
資格法令
資格区分 I種、II種、III種
受験資格 誰でも受験できます
試験場所 札幌、仙台、新潟、さいたま、千葉、東京、横浜、浜松、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、高松、福岡
試験方法 【I種】選択問題(2時間)、論述問題(1時間)
【II 種】選択問題(2時間)
【III】選択問題(2時間)
免除科目
合格基準 【I種】
選択問題方式:100点、論述問題:50点の合計が105点以上(但し、論述問題の得点が25点以上でなければならない)
【II 種】
100点満点中70点以上
【III種】
100点満点中70点以上
受験料 【I種】10,800円
【II種】6,480円
【III種】4,320円
登録・更新
問い合わせ 大阪商工会議所

医療・心理の資格一覧

スポンサーリンク

概要

メンタルヘルス・マネジメント検定試験とは、働く人の不安や悩みなどのストレスを緩和させて快適な職場環境を作るための、知識や対処法を習得するために、大阪商工会議所が主催している検定試験になります。

受験者数は年々増えており、申込者数は2006年度に比べて、3倍以上増えています。ストレス社会が加速していく現代で、メンタルヘルスケア対策に取り組む企業が増えてきていることが、受験者が増えている一つの要因になっています。

試験は、I種(マスターコース)、II 種(ラインケアコース)、III 種(セルフケアコース)の3種類あり、受験者の多くはII 種を受験します。尚、試験難易度はII 種とIII 種は同等レベルですが、I種は難易度が急激に上がります。

試験対象者として、I種は経営幹部、II 種は管理職、III 種は一般社員の方を対象としています。

試験日

【I種】11月上旬(年1回)
【II種、III種】11月上旬、3月中旬(年2回)

第25回試験(I種、II種、III種)

【試験日】2018年11月4日(日)
【申込期間】2018年8月29日~9月28日
【合格発表】2018年12月14日

第26回試験(II種、III種)

【試験日】2019年3月17日(日)
【申込期間】2019年1月9日~2月8日
【合格発表】2019年4月26日

試験内容

I種

企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性、メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割、ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識、人事労務管理スタッフに求められる能力、メンタルヘルスケアに関する方針と計画、産業保健スタッフ等の活用による心の健康管理の推進、相談体制の確立、教育研修、職場環境等の改善

II種

メンタルヘルスケアの意義と管理監督者の役割、ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識、職場環境等の評価および改善の方法、個々の労働者への配慮、労働者からの相談の方法(話の聴き方、情報提供および助言の方法等)、社内外資源との連携、心の健康問題をもつ復職者への支援の方法

III種

メンタルヘルスケアの意義、ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識、セルフケアの重要性、ストレスへの気づき方、ストレスへの対処、軽減の方法

受験者数・合格率

I種

時期 受験者数 合格率
2017年 1,634人 18.7%
2016年 1,610人 18.3%
2015年 1,586人 11.7%
2014年 1,482人 18.8%
2013年 1,419人 17.3%

II種

時期 受験者数 合格率
2018年(3月) 9,430人 76.7%
2017年(11月) 8,481人 51.1%
2017年(3月) 9,607人 67.9%
2016年(11月) 9,601人 49.3%
2016年(3月) 9,165人 54.6%
2015年(11月) 7,620人 48.7%
2015年(3月) 7,760人 53.2%
2014年(11月) 7,043人 55.7%
2014年(3月) 6,889人 35.1%
2013年(11月) 5,622人 54.8%
2013年(3月) 6,675人 56.2%

III種

時期 受験者数 合格率
2018年(3月) 4,352人 77.0%
2017年(11月) 3,944人 75.7%
2017年(3月) 4,209人 80.0%
2016年(11月) 4,473人 78.1%
2016年(3月) 4,408人 82.3%
2015年(11月) 4,081人 78.4%
2015年(3月) 3,889人 80.0%
2014年(11月) 3,530人 83.2%
2014年(3月) 3,698人 71.0%
2013年(11月) 2,983人 69.1%
2013年(3月) 3,730人 80.5%

試験の難易度

III種に関してはそこまで難しい試験でないので、実務経験が無い方でも十分合格可能です。

II種に関してもIII種とそこまで大きな大差はありませんが、I種は別次元の難易度です。

試験の勉強法

勉強法としては、II 種とIII 種に関しては、公式テキストをこなしていけば、問題なく合格することができます。

独学だけでは不安な方は、商工会議所による受験対策講座が定期的に行われているので参加してみて下さい。

勉強法 メンタルヘルス・マネジメント検定 勉強法
テキスト メンタルヘルス・マネジメント検定 公式テキスト
問題集 メンタルヘルス・マネジメント検定 過去問
通信講座 ユーキャンのメンタルヘルス・マネジメント(R)検定講座
通学講座 ヒューマンアカデミーのメンタルヘルス・マネジメント®検定対応
コミュニケーションメンター育成コース

資格を活かせる仕事

一般企業への就職がメインになりますが、メンタルヘルスマネジメント検定自体が知名度の低い資格で、尚且つ業務独占資格ではありませんので、この資格を持っていても就職や転職に有利になることは考えられにくいです。

ただ、資格手当を支給している企業もありますので、メンタルヘルスに関する仕事に就きたいと思っていられる方は、取得しておいて損はないと思います。

受験者の口コミ

お勧め度 ★★★★★5

リーマン 40代男性(会社員)
2017年4月2日

社会人におすすめ
昨今の時事ニュースなどで、メンタルヘルスに興味が出てきたのでⅡⅢ種を別時期に受験をしました。
取得しても稼げるなどの事はないと思いますが、社会人が自己管理や健康管理の知っておくべき知識として有用だと思います。特にⅢ種は、新社会人や若手が20代の内に知っておくといい内容だと思いました。
学習時間は、Ⅲ種3カ月、Ⅱ種3カ月を費やしましたが、人によっては、1カ月位でも十分らしいです。
試験は公式テキストや問題集で十分自信がついた時に、自分のタイミングで習熟度の確認の意味で受験するといいと思います。

お勧め度 ★★★☆☆3

神奈川大学卒の介護職員 30代男性(会社員)
2017年2月28日

2回目のチャレンジで取得
2回目の受験で2種取りました。1回目は公式問題集とJMAMの問題集で勉強しましたがその回は合格率がやけに低く難しい問題なので落ちてしまいました。
1年以上たってからもう1回チャレンジして受かりました。
問題集は引き続き公式問題集の最新版とJMAM(こちらは新版出てなかったから同じの)に加え正式な書籍名は忘れたけど「ゲーム形式の…」みたいなタイトルの問題集と落ちた時の試験問題を使いました。
医療分野で使える資格第1位ってランキングされることが多いですが1円も収入増えてません(笑)。
ただカウンセラーとか取るなら勉強になるでしょうしビジネスマネジャー検定にも少し重なる部分ありました

お勧め度 ★☆☆☆☆1

ただ 20代男性(会社員)
2015年11月1日

勉強法は公式テキストのみ
勉強期間は3ヶ月ぐらい。週末以外は通勤中と仕事が終わってから1日2時間ぐらい勉強しました。
この資格を持っていても就職には関係ありません。就職活動に生かすのであればカウンセラーを取得した方がいいでしょう。メンタルヘルス・マネジメントはあくまでスキルアップの為に取得するものです。

お勧め度 ★★★★☆4

瞳 30代女性(会社員)
2015年2月12日

試験勉強としては1ヶ月ぐらい
基本的には公式テキストに基づいて試験問題が出題されますので、公式テキストを勉強していれば合格することが可能ですが、私は分かりにくかったので、JAMAが出している「メンタルヘルスマネジメント検定試験Ⅲ種 重要ポイント&問題集」を購入して勉強しました。
こういった職種は、即戦力の人材が求められますので、資格よりも実務経験を要している方が求められます。かといって、実務経験はそう簡単に積むことができませんので、資格を取得してアルバイトでもいいので、実務経験を積めれば道はひらけると思います。また、知識を身につける事は自身や同僚などの仲間を守ることにもなります。

お勧め度 ★★★☆☆3

ひざ神 20代女性(会社員)
2014年11月17日

Ⅱ種とⅢ種を取得
メンタルヘルスマネジメントⅡ種とⅢ種の資格を取りました 。基本的に過去問を徹底的にやり込んで勉強しました。
週に10時間、で4ヶ月ぐらい。知識のある方であれば1ヶ月もあれば合格できると思います。

お勧め度 ★★★☆☆3

香里 20代女性(会社員)
2014年10月1日

公式テキストのみで勉強
大学在学中に取得しました。もともと英検1級を持っていたのでそれほど難しくはありませんでした。
今は通訳会社に派遣社員として所属して働いています。公式テキストは見にくいですが、他の参考書を買うのが勿体無かったので、公式テキストのみで勉強しました。
公式テキストを2、3回復習して、分からない所だけ復習すれば簡単に合格できます。基本的にⅡ種しか勉強していませんでしたが、Ⅲ種も合格できました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

医療・心理の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】