ひきこもり支援相談士試験の難易度・合格率など

ひきこもり支援相談士試験とは

ひきこもり支援相談士協議会が認定している資格で、ひきこもりに陥っている当事者とその家族に対して、寄り添って打開策を支援する専門家を育成することを目的としています。
資格を取得するには、まずひきこもり支援相談士養成講座を受ける必要があり、不登校訪問専門員養成講座と一緒に受けることが多いです。
テキストを通して引きこもりの問題を学び、当事者を取り巻いている環境等について把握し、不登校と引きこもり、さらに発達障害の関連性を学びます。様々な時代を通し、相談士として知識をつけなければいけません。
そして最後に課題を提出することにより、4分の3が合格します。不合格になった場合は課題を再提出することにより、合格することが可能です。受講するだけで取得できますので特に対策はありません。
課題を提出して見事合格できれば、ひきこもり支援相談士の認定証と、活動の際に役立つ情報を受け取ることができます。

スポンサーリンク

目次

ひきこもり支援相談士試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンル教育
資格区分なし
受験資格なし(講座の受講が必須)
試験日程随時
試験方法課題提出
免除科目なし
受験料35,000円(講座費用)
登録・更新認定料:5,000円
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせ一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会

【総合評価】

人気 :将来性:
就転職:難易度:

スポンサーリンク

ひきこもり支援相談士試験の講座内容

ひきこもり支援相談士に必要な基礎知識

ひきこもりとは?ひきこもりの理解、ひきこもり支援相談士に関する基礎知識、ひきこもり支援相談を行なう上での基本的心構え

ひきこもり状態への対応

ひきこもり支援相談を実施する上での基礎知識、ひきこもり外来の対応方法

事例研究

ひきこもり支援相談士訪問事例

巻末資料

ひきこもりの6分類不登校・ひきこもりを抱えた家庭の陥りやすい一般的な流れと望ましい親の対応、ひきこもり長期化の構造と自縄自縛、アネムネーシス(想起)支援制度の提唱

ひきこもり支援相談士試験の受験者数・合格率

受験者数は約5,000名で合格率は75%程

ひきこもり支援相談士試験の難易度

課題を提出するだけなので難しい試験ではありません。

もし仮に不合格になった場合でも、課題を再提出することが可能なので、やる気があれば難なく合格することが可能なので安心して下さい。

ひきこもり支援相談士試験の勉強法

講座を受講するので特に対策は必要ありません。

ひきこもり支援相談士の独学勉強法

ヒューマンアカデミー(ひきこもり支援相談士養成講座)

資格を活かせる仕事

主な職場として「引きこもり地域支援センター」での相談員が挙げられます。その他にもボランティアとして活動したり、子ども・若者支援地域協議会にて、地域支援ネットワークでの活躍が期待されます。

ただ、この資格を持っているからと言って就職や転職に有利になるとは考えにくいです。

ひきこもり支援相談士協議会で就職支援も行っているので興味のある方は調べてみて下さい。

受験者の口コミ評判

タップ(クリック)で口コミが見れます

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる