歯科衛生士試験の難易度・合格率・試験日など

医療・心理の資格

歯科衛生士は、歯科衛生士法によって定められた職業になります。

歯科衛生士の役割は、歯垢や歯石を除去したりなど、歯科医師の指導のもと歯に関する治療の補助を行うのが主な業務になります。その他にも、歯磨きや食生活に関する指導などの患者サポートや、事務作業を行うこともあります。

歯科衛生士の試験を受けるには、文部科学大臣指定の歯科衛生士学校、もしくは厚生労働大臣指定の歯科衛生士養成所に3年以上通わなければ、基本的に受験資格を得ることができません。

試験合格率は、毎年95%以上を維持していますので、試験を受けれる環境にあれば、ほぼ合格することが可能です。

歯科衛生士は業務独占資格になりますので、資格を取得しなければ、歯科衛生士としての業務を行うことができません。資格取得者のほとんどが女性で、歯科衛生士として働かれている人のほぼ100%が女性です。

スポンサーリンク

歯科衛生士試験とは

資格名歯科衛生士
人気将来性
就・転職難易度
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別国家資格(業務独占資格)
ジャンル医療・心理
資格区分なし
受験資格・文部科学大臣指定の歯科衛生士学校、もしくは厚生労働大臣指定の歯科衛生士養成所に3年以上の経験
・外国で歯科衛生士学校を卒業、もしくは免許を交付されたもの
試験日程3月上旬(年1回)
試験場所北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県
試験内容筆記試験:択一式 (220問)
免除科目
合格点220点満点中、おおよそ132点以上の得点率
受験料14,300円
登録・更新歯科衛生士名簿に登録することによって免許証が交付。歯科衛生士として従事している場合は2年ごとの届け出が必要
口コミ3件口コミ投稿
問い合わせ一般財団法人 歯科医療振興財団
関連資格歯科医師歯科技工士歯科医師国家試験予備試験

歯科衛生士試験の試験日

第28回試験

【試験日】2019年3月3日(日)
【申込期間】2019年1月7日~15日
【合格発表】2019年3月26日

歯科衛生士試験の試験内容

人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能、歯・口腔の構造と機能、疾病の成り立ち及び回復過程の促進、歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み、歯科衛生士概論、臨床歯科医学、歯科予防処置論、歯科保健指導論並びに歯科診療補助論

歯科衛生士試験の受験者数・合格率

年度受験者数合格率
2017年7374人96.1%
2016年7218人93.3%
2015年7233人96.0%
2014年6753人95.9%
2013年6685人97.1%
2012年6064人96.2%
2011年3661人95.8%
2010年5788人96.5%
2009年5929人97.2%
2008年6038人95.3%
2007年6361人96.0%
2006年7040人93.5%
2005年7312人95.9%
2004年6743人95.9%

歯科衛生士試験の難易度

受験者数については、2011年にガクンと下がったものの、毎年6000人程が受験されています。これは歯科医師に比べて、およそ2倍の受験者数になります。

合格率は90台後半を推移しており、受験すればほぼ合格できる資格として認知されています。その背景として、合格点は6割の正解で良いのと、マークシートによる回答になりますので、それほどハードルの高い資格でないことが分かります。

また受験資格には、歯科衛生士学校や養成所などの教育機関の卒業が必須になりますので、受験される人のほとんどが、試験対策が万全の体制で望めますので、よっぽどのことがない限り落ちることは考えられないでしょう。

学校によっては、「99.9%の合格率!!」などを宣伝文句にしている学校もあります。その為、学校により受かりやすさの影響がありますので、学校選びには慎重にならなければいけません。

歯科衛生士試験の勉強法

過去問や問題集を徹底的にこなし、問題の傾向を掴むことが重要になります。

合格ラインが緩いので、苦手科目に関しては全てを暗記するのではなく、覚えやすい箇所を重点的に勉強することをオススメします。

勉強法歯科衛生士 勉強法(準備中)
テキスト歯科衛生士 テキスト
問題集歯科衛生士 問題集
専門学校本気になったら大原♪

資格を活かせる仕事

歯科衛生士が働く職場の約9割が、歯科医院などの診療所や病院の歯科に勤めています。

診療所での業務内容は、歯科医師の補助がメインで、歯垢や歯石を取り除いたり、薬を塗って治療したりします。歯磨きの正しい行い方や、歯に関する相談を受けたりなど、患者の心理的サポートも行います。また、カルテの整理などの事務作業などの雑用もこなさなければいけません。

歯科医院の他にも、保健所や福祉関連施設、歯ブラシを取り扱うメーカーなどで働いている方もいます。

歯科衛生士のほとんどが女性になるのも、この資格の大きな特徴になります。

歯科衛生士の仕事

歯科衛生士の収入

歯科衛生士の平均年収は360万円で、他の医療資格に比べると低い水準になります。ただ、歯科医院は全国各地に多数存在するので、まだまだ売り手市場が続いている職種であり、就職・転職もそれほど苦労しない状況が続いています。

【歯科衛生士の平均データ(2012年)】

平均年齢:32.2歳

勤続年数:6.5年

月労働時間:171時間

月収:250千円(25万0000円)

賞与:0千円(0円)

※資料出所 厚生労働省「賃金構造基本統計調査

受験者の口コミ

独学で取得しました。過去問を中心に勉強したので特にこれと言って特別なことはしていません。
歯科衛生士の業務内容は、歯科医師のアシスタントや歯石除去。受付業務が主になります。歯科衛生士は歯科医の言いなりになりますので、医院選びが非常に重要になります。実際に働いてみないと分からない部分がありますが、面接時に院内の雰囲気や周りのスタッフの仕事ぶり、患者の数、院長の人柄などは最低限確認しておきましょう。(30代女性 会社員)
女性が活躍できる職種ですが、産休の取得を推奨している医院はほぼありません。なので、ほとんどの人が、結婚して子供が出来たら退職してしまいます。再就職してもパートがほとんどです。労働環境が悪く、辞めていく人が多いので、就職に困ることはあまり無いです。歯科衛生士の収入は、OLに比べると比較的高いです。
ちなみに私は、新卒で手取りが手当て込みで20万円程です。歯科医院は比較的働いている人が少ないので、仕事内容より人間関係を気にしなければいけません。特に院長との関係は良好に築かなければいけませんよ。(20代女性 会社員)
若い人が多いので、私みたいなおばさんは浮いてしまいます。求人は昔ほど多くはありません。歯科衛生士の数が増えているのが原因かもしれません。歯科衛生士の全員が女性なので、人間関係に苦しむことも・・・(50代女性 会社員)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

医療・心理の資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました