Word文書処理処理技能認定試験の難易度・合格率・試験日など

Word文書処理処理技能認定試験とは、「サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会」が実施している試験で、Microsoft Wordを利用して文書処理を問う試験で、高度なビジネス文書処理を問われる「1級」から簡単なビジネス文書を作成知識を問われる「3級」まで3つの試験区分に分かれています。

受験資格はありませんので、多くの学生が取得を目指している資格の一つと言えるでしょう。

スポンサーリンク

Word文書処理処理技能認定試験とは

資格名Word文書処理処理技能認定
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルIT・パソコン
資格区分1級、2級、3級
受験資格なし
試験日程試験会場によって異なる
試験場所全国各地
試験内容知識試験、実技試験
免除科目
合格点【1級・2級】
知識試験と実技試験の合計得点において得点率70%以上
【3級】
実技試験の得点において得点率70%以上
受験料【1級】7,900円【2級】6,800円
【3級】5,800円
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ株式会社 サーティファイ 認定試験事務局
関連資格

Word文書処理処理技能認定試験の試験内容

知識試験(1級・2級)

【内容】
文書処理、およびMicrosoft Wordに関する知識

【形式】
コンピューターに表示される多肢選択式の試験問題に解答

【問題数・時間】
設問15問(15分)

実技試験(全級)

【内容】
Microsoft Wordの操作によるdocxファイル、dotxファイル(1級のみ)の作成、編集

【形式】
コンピュータに表示される仕様や指示に基づきドキュメントを作成

【問題数・時間】
連続したテーマによる大問形式5問(1級・2級:90分、3級:60分)

Word文書処理処理技能認定試験の受験者数・合格率

累計受験者数:451,978人(2018年3月31日)

合格率:80.0%(2017年度平均)

Word文書処理処理技能認定試験の難易度

基本的に学生を対象にした資格になるので難易度はそれほど高くありません。参考までに公式で発表している勉強時間があるので、受験を考えている方は参考にしてみて下さい。

  • 1級:25時間(2級取得後)
  • 2級:34時間(3級取得後)
  • 3級:34時間

Word文書処理処理技能認定試験の勉強法

サーティファイが出している問題集があるので、そちらをメインに勉強して下さい。

Word文書処理処理技能認定試験の独学勉強法

資格を活かせる仕事

事務職を中心にパソコンを扱う職場であればどこでも活躍することができます。

但し、Wordに関しては使えて当たり前の時代になっているので新卒の就活には役立つかもしれませんが、転職活動ではそれほど有効ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

IT・パソコンの資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました