Excel表計算処理技能認定試験の難易度・合格率・試験日など

Excel表計算処理技能認定試験とは、Microsoft Excelを利用して、表計算処理の作成能力を問う試験で、高度な表計算処理を問われる「1級」から簡単なワークシートの作成とデータの入力を行う知識を問われる「3級」まであります。

受験資格はありませんので、多くの学生が取得を目指している資格の一つと言えるでしょう。

スポンサーリンク

Excel表計算処理技能認定試験とは

資格名Excel表計算処理技能認定
人気
将来性
就・転職
【3級】
難易度
【3級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンルIT・パソコン
資格区分1級、2級、3級
受験資格なし
試験日程随時実施
試験場所全国各地
試験内容知識試験、実技試験
免除科目
合格点 【1級・2級】
知識試験と実技試験の合計得点において得点率70%以上
【3級】
実技試験の得点において得点率70%以上
受験料【1級】7,900円【2級】6,800円
【3級】5,800円
登録・更新
口コミ1件口コミ投稿
問い合わせ株式会社 サーティファイ 認定試験事務局
関連資格

Excel表計算処理技能認定試験の試験内容

知識試験

【内容】
表計算処理、およびMicrosoft Excelに関する知識

【形式】
コンピューターに表示される多肢選択式の試験問題に解答

【問題数(時間)】

設問15問(15分)

実技試験

【内容】
Microsoft Excelの操作によるxlsxファイル、xlsmファイル(1・2級のみ)の作成、編集

【形式】
コンピュータに表示される仕様や指示に基づきワークシートを作成

【問題数(時間)】

連続したテーマによる大問形式5問(1級・2級:90分、 3級:60分)

Excel表計算処理技能認定試験の受験者数・合格率

累計受験者数:703,475人(2018年3月31日)

合格率:82.2%(2017年度平均)

Excel表計算処理技能認定試験の難易度

3級はExcel表計算の初歩的な内容を問うものとなっており、試験では表計算やビジネス図表など基礎的な技能を試されます。

2級から出題範囲は広くなり、知識試験も加わり少し難易度は上がります。

ただし3級、2級共に対策をしっかり行っていれば優しいと言え、1級に関してもそれほど難しくない資格試験と言えるます。

実技だけのMOSに対して、Excel表計算処理技能認定試験は知識試験が加わる分、難易度は若干高いでしょう。

しかし、合格率は1~3級すべての平均して8割を超えているため、誰でもきちんと勉強できれば一発合格も目指せます。

合格基準はどの級も総得点の7割以上がボーダーラインとなっており、実際にExcelを使用して勉強することも大切です。

基本的に学生を対象にした資格になるので、自宅で日常的にExcelを使用できる環境にある方であればそれほど難しい試験ではありません。

Excel表計算処理技能認定試験の勉強法

サーティファイが出している問題集を中心に勉強を進めて下さい。

Excel表計算処理技能認定試験の独学勉強法

勉強時間の目安

公式発表では

  • 3級:40時間程度
  • 2級:3級取得後40時間程度
  • 1級:2級取得後25時間程度の勉強時間が必要になります。

と明記されています。

私の感覚ですが、実務や学校でExcelを使った経験のある方でしたら3級で40時間も必要ないかな~と思いますね。

資格を活かせる仕事

パソコンを扱う部署であればどこでも活躍することが可能です。特に事務職での就職や転職で大いにアピールすることが可能です。

受験者の口コミ評判

高校の時に3級を取りましたがとても簡単でした。(20代男性 フリーター)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

IT・パソコンの資格
資格の門をフォローする
資格の門【2019年】
タイトルとURLをコピーしました