マイクロソフト認定トレーナー(MCT)の試験の難易度・合格率・試験日など

マイクロソフト認定トレーナー試験とは

世界最大のコンピューター・ソフトウェア会社「マイクロソフト」が認定している認定試験で、マイクロソフト製品や技術、ソリューションの高い技術力を証明する資格になります。

参考記事 お勧めのプログラミングスクール13校を比較!ランキング形式で発表!

スポンサーリンク

目次

マイクロソフト認定トレーナー試験の基本情報

資格種別民間資格
ジャンルIT・パソコン
資格区分なし
受験資格なし
試験日程随時実施
試験方法技術内容により異なる
合格点非公開
免除科目なし
試験場所全国各地
受験料技術内容により異なる
登録・更新新規登録料として101,315円が必要。以降1年毎ごとに更新料81,052円が必要
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
問い合わせマイクロソフト認定プログラム事務局

スポンサーリンク

マイクロソフト認定トレーナー試験の受験者数・合格率

受験者数、合格率の全てが非公開

マイクロソフト認定トレーナー試験の難易度

難しい試験ではありませんが、何かと費用が必要になるのでそういった面では気軽に受験できるような試験ではありません。

マイクロソフト認定トレーナー試験の勉強法

マイクロソフト認定トレーナーの独学勉強法

資格を活かせる仕事

マイクロソフト認定インストラクターの資格を取得すると、日本のみならず全世界でマイクロソフトのテクノロジーを受講者に対して指導する事が出来ます。

企業やIT関係の教室には、マイクロソフトのテクノロジーを学んで、より効率よく仕事を捗らせたいと思っている生徒さん達がいます。マイクロソフト認定インストラクターはそこで講師として、マイクロソフトのソフトウェアに付いて丁寧に説明・実習を行います。

その為、マイクロソフト認定インストラクターはただ知識があるだけでなく、優秀な教育者でもあります。

マイクロソフト社のソフトウェアは全世界で使われている事は皆さんもご存知でしょう。そのインストラクターとして同社に認定される事は、将来的にも役立つ資格を持っていると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

目次
閉じる