ビジネス著作権検定試験の難易度・合格率・試験日など

ビジネス著作権検定とは「著検」とも言われており、企業や教育機関をはじめ、ビジネス実務や日常生活で必要とされる著作権についての基礎知識や著作権法および関連法規などの知識を問う試験で、「(株)サーティファイ」が実施している民間資格になります。

弁理士資格のステップアップとしてもチャレンジしやすい資格です。

スポンサーリンク

ビジネス著作権検定とは

資格名ビジネス著作権検定
人気
将来性
就・転職
【初級】
難易度
【初級】
主な対象者
小学生
中学生
高校生
大学生
専門生
社会人
その他
資格種別民間資格
ジャンル事務・ビジネス・経営
資格区分初級、上級
受験資格なし
試験日程【上級】6月上旬、11月中旬(年2回)
【初級】2月中旬、6月上旬、11月中旬(年3回)
試験場所札幌、仙台、東京、横浜、新潟、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡
試験内容筆記試験(択一式)
免除科目
合格点【上級】70%以上の得点率
【初級】65%以上の得点率
受験料【上級】5,000円【初級】7,800円
登録・更新
仕事弁理士事務所や弁護士事務所で活躍することができる
口コミ0件(口コミ投稿
問い合わせ(株)サーティファイ
関連資格知的財産管理技能士マイナンバー実務検定ビジネス文書検定ワークルール検定

試験日

第47回試験

【試験日】2019年11月10日(日)
【申込期間】2019年6月3日~
【合格発表】試験の約3週間後を目途に発表

第48回試験

【試験日】2020年2月9日(日)
【申込期間】2019年11月11日~
【合格発表】試験の約3週間後を目途に発表

試験内容

上級

ビジネスと法、著作物、著作者、著作者人格権、著作権、著作権の制限、著作物の保護期間、著作権の変動と著作物の利用、著作権の登録、著作隣接権、著作権の侵害と救済、著作権の周辺問題、著作権・著作隣接権に関する国際条約等、著作権ビジネス、著作物の製作を委託・受託する際の留意点、情報社会と情報モラル

初級

ビジネスと法、著作物、著作者、著作者人格権、著作権、著作権の制限、著作物の保護期間、著作権の変動と著作物の利用、著作権の登録、著作隣接権、著作権の侵害と救済、著作権の周辺問題、著作権・著作隣接権に関する国際条約等、著作物の製作を委託・受託する際の留意点、情報社会と情報モラル

受験者数・合格率

合格率は上級だと50%程、初級だと60%程

難易度

法律に関する知識が全くない場合の勉強時間の目安は、初級で20時間、上級で50時間程度になります。

法律の登竜門である著作権に関する基礎知識を問う試験になるので、それほど難しい試験ではありません。

勉強法

公式ホームページ内に過去問や模擬問題が掲載されているので、まずはそちらで試験の概要を掴みましょう。

資格を活かせる仕事

著作権の扱いはとても慎重に行われなければなりません。

断りも無く不正にコピーをするのは論外ですが、情報処理を適切に行った上で、ある著作物をビジネス上で活用するのであれば、それは大変意義のあることです。

特に企業にとっては、著作権の侵害を犯すことは社の信用を貶め、酷い場合は社自体の存続にも関わる問題となってしまいます。

反対に、自社の知的財産を他社に勝手に使われては、その損害は計り知れません。

そういったことから、ビジネス著作権検定に合格した人は、情報関連の企業で重宝されています

タイトルとURLをコピーしました